2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうゲマナフシ

いよいよ授業も最後。


日曜日、5年生
G5.jpg


月曜日、4年生
G4.jpg


火曜日、3年生
G3.jpg



最後の授業の後には、ケーキが出てきた。

ケーキ


さあ、この後島を出るまではなんだかバッタバタで写真ありません。


家で片づけをしていたら、

おみやげを持ってきてくれる子ども…

保護者…

友達……


いきなりケーキを持ってきてサプライズ…

夜は…

20時半に学校に来るように言われて行って見ると…


盛大にパーティ。


サーティフィケイトをもらい、

校長先生、

リーディングティーチャー

一緒に授業をしてきたプライマリーの先生

一緒にバドミントンをしてきたセカンダリーの先生

同じ外国人として私のことも仲間に入れてくれたインド人の先生


一言、一言……
私への言葉

褒められまくって、恥ずかしかった…。


でも、

うれしかった。



たーーーくさんお土産ももらって、

夜中まで荷造り。




数時間仮眠をとって、

また荷造り。


すると、また

子どもや

保護者、友達が


家を訪ねてきてくれた。



ここでの1年8か月。

いろんな出来事があった…

何をかいたらいいのやら……


私は、
大事なだれかのことを思って、
誕生日などに「あいうえお作文」を送ったりする。


だから、
大事なゲマナフシのことを思って、
今回はゲマナフシに「あいうえお作文」を送ってしめることにする。



んきいっぱいのかわいい子どもたち、まじめで明るい先生たちのいる「ゲマナフシスクール」

んまもバッパもダッタもべーべもシャイだけど、みんなやさしい「ゲマナフシの人々」

ーーんもないけど水色の海と白い砂浜がずーーっと続く「ゲマナフシの海」

ーヌフーヌ(暑い暑い)「ゲマナフシの私の部屋」、そして狭い! でも、けっこう好きだった。

ずかでおだやかで居心地がよい島「ゲマナフシ島」 ありがとう!!!!



書きつくせない1年8か月の思い出。
でも、一言で表すならば、


「ありがとう」


それに尽きる。



ありがとうゲマナフシ



スポンサーサイト

子どもも大人もテスト週間

私としては、そんなつもりではなかったけれど……
今週は私が授業をobserveするということを、
先生たちはまるでテストかのようにとらえているようだった。

そして、ちょうど3年生以外は子どももテスト。
私がいる間に今の単元はテストを終えた方がいいと思い、
今週に設定した。

ということで、
子どもも大人もテスト週間だった一週間。

月曜日の4年生だけは、
国会開設のためいきなり祝日になり、来週に。


先生たちが「テスト」と思っているのであれば、
「点数をつけなきゃ」ということで、
急遽、普段から先生の授業に対して、
フィードバックを返している先輩隊員に
評価シートをもらい、点数をつけることにした。


初めてだし、最後だし、甘さもあるけれど、
一人の先生を除き、私の評価は満点になった。
とはいえ、各項目に今後のアドバイスはつけさせてもらった。

その一人の先生は自分で授業の前に、
「私はまだ体育の準備ができてない…」
って言ってた。
幸いにもこの学年は来週もう1回授業ができるので、
そこでフォローしたい。



この学校での活動期間1年8か月。
今の形で授業ができるようになったのは、10か月前。
そのうち1か月はラマダン、2か月はホリデー。
だから、実質は7か月と言ったところ。
それでも、毎週1回のティームティーチング。
数か月に1回の校内ワークショップ。
この二つを通して、
先生たちの知識と経験を増やしてきたつもり。


その私の活動が成功したのかどうか…。
それは、はっきり言ってわからない。
その結果が出るのは、私がここにいなくなってから。

でも、それでも、
先生たちの授業を見ていて、
今の時点では成功と言ってもいいのかな。
自分に甘いかもしれないけど、そう思えた。

先生たちの授業


だから、
先生たちが授業する姿。
そして、子どももそれに応えようとする姿を見ていて、
私の顔は緩みっぱなし。


後は……
最終的には、先生たちのやる気次第。

先生たちは、確かに体育に関する知識や経験が豊富ではない。

でも、
「授業をする方法」
はよく知っている訳で、
先生としての教える技術を持っていれば、
やる気次第で知識や経験が乏しい分野でもよい授業はできる。
それだけの力が、彼らにはある。

だから、
後は本当に、
彼らのやる気次第。。。


体育が楽しい。
体育って身構えるほど難しい教科じゃない。

少しでもそう思ってもらえたことが、
彼らのやる気につながってくれたらいいのだけれど……


うーーん。
どんなものか……。


さあ、
いよいよ最後の週末。
そして、日、月、火。
三日間出勤したら、
この学校と、先生たちと、子供たちとお別れです。


1年生と2年生は、
今週で授業は最後。
ということで、記念写真とりました。


2年生

2年


1年生

1年




相変わらず笑わせてくれる1年生。

毎年そうだけど、
体育の前に限らず、業間に私が1年生の教室から見える位置を歩いてしまうと、とりあえず名前を叫んでくる。
大合唱と言っても過言ではありません。
そして私は……
もう苦笑しつつ、静かに通り過ぎることしかできません(笑)

さて、先週は、
私が日本に帰るということに対して、
「ミスのお父さんはどこにいるの??」
という変化球を返してきましたが……

今日の1年生、
私が教室に行くなり、
私に口ぐちに言ってくるのはこんな言葉。

「This is a boy」
「This is a girl」
「This is Gemanafushi school」
「Where is your book?」

また、訳わかりません(笑)
そして、ふと見ると泣いている子。
結局その子がなぜ泣いているかはわからずじまいでしたが…
なんで、子どもたちがそんなことを言ってくるかはそこで解決。
机の上には、
This is ○○○.
のワークが。
なるほどね(笑)

そんなかわいい生徒たちとのお別れを思うと…
さみしくなってくるな~




注意喚起

先ほど、午後1時30分頃、裁判所の命令によりナシード元大統領が警察官により

連行されましたことをご連絡いたします。



それに伴い、元大統領の支持政党であるMDP(モルディブ民主党)が今後抗議集会やデモ等が

実施される可能性があります。マレではもう既に始まっている模様です。

また、マレだけでなく今後は地方にも飛火する可能性もありますので、十分に注意してください。




調整員の方からそんな連絡があった。
そして、その2時間後…

何やら島の裁判所の前で声を荒げている人がいる。


島で大規模なデモがあっても、
まったく何もなかったゲマナフシ島。


最近、急激に発展もしてるし、
ついに、このゲマナフシ島でも政治活動が?!


警察も来たけど、
今だ騒ぎは収まらず。


どんどん人が集まってきて………





騒ぎは大きく……???



は、なりませんでした。




そして、騒ぎの原因になったのは


「ヒキマス(鰹節)」


首都の騒ぎとは全く関係ないことでした。



どうやらフォームラックから来た人が、
お金を払わずヒキマスを持って行ったらしく、
その犯人を裁判所に連れてこーーーい!
みたいなことだったらしい。




やっぱり平和なゲマナフシで良かったです(*^_^*)




ちなみに、昨日フォームラックから船が来たため、
昨日も今日も二軒から「アラチップス」頂きました。

フォームラックとは、
ゲマナフシ島があるこの環礁と赤道をはさんでお隣の環礁。
というか、
モルディブで一番大きな島で、一つの島で一つの環礁になっている島。

ガッドゥ同様、フォームラックもアラをたくさん作ってるみたい。
フォームラックはJOCVも野菜隊員がいるくらいだし、
いろんな野菜を育ててるんだろうな~。畑も広いんだろうな~
結局、フォームラックには行けなかったな~
行けなかったけど、行って見たかった島第1位がフォームラックです。

フォームラックからのアラチップスは二軒とも砂糖掛けタイプでした~


そして、ここを去る前にテルリバンブケヨが食べたいけれど、
エクササイズに来てる人がみんなで探してくれて、
でも、今はまだ難しいらしい。
今月の終わりにやっと時期が来るんだとか。
間に合わないかな~
あと一週間だし。


罰ゲーム

アヒ(noni)

さて、このフルーツの名前はなんでしょう??

ディベヒ語では「アヒ」

英語名なら聞いたことある方々がいると思います。

英語名は「ノニ」


それでもピンと来ない方、


「ノニジュース」


はどうでしょう??
私はこれでピンときました。


そうです。

罰ゲームでお馴染みの

「ノニジュース」



最近、家で時々このフルーツを目にしていたけれど、
何しろ匂いがひどい。。。
だから、食べてみたいとも思わなかったし、

「あ、また置いてある。。。臭い………」

としか思っていなかった。

でも、今朝ついに……他の家で、

「食べて見な。美味しいよ」

と目の前に出され……

勇気を振り絞って口にしてみた。


すると、


「ウエッ!!」


口に入れた瞬間思わず外に吐き出すほどまずかったです。。。



いやあ、ひどかった。



しかも、食べた後、口の中がピリピリした。



家に帰って、家の奥さんに聞いて見た。


「なんでダッタはこの果物でよくジュース作ってるの??
 これ美味しい?!」

すると、答えは、

「美味しくないよ。でも、医者にこれを食べなさいと言われたの」

と。



どうやら体に良いようで、
どんな効力があるのか調べてみた。


偏頭痛、糖尿病、慢性疲労症候群、関節炎、血糖値、胃の痛み、コレステロール、癌、ぜんそく、不眠症、鬱、不安感


最近腰痛で病院に行ったうちのダッタは、
このミラクルフルーツ(いや、私にとっては完全に罰ゲーム)のノニの
「鎮痛作用」を狙って、飲んでいるらしい。


調べてみて、
「ノニ」が健康にいいことはよーくわかりました。


だがしかし……


私は、無理です。


「良薬口に苦し」

ってこのことですね。


久々に島で過ごした休日

ワークショップやらで島を出たり入ったりしてたもんで、
任地で二日間休日を過ごせたのはほんとに久々。
そして、ここですごす休日も今週と来週でおしまい。
再来週には、帰国準備で首都にいる。


さて、
赴任当初からここにも書いているように、
「さあ、久々の週末だ。あそこへ行こう!これをしよう!」
というような、日本での過ごし方はここではできません。
まず、この縦1500m横500mの島から出ることができませんから(笑)


では、
どんな週末だったか、書いてみることにしましょう。


まず金曜日の朝6時。
先月から始まったセカンダリーの女の子のネットボールの練習。
平日は水曜日以外毎日、17時~18時。
私も17時10分に体育の授業を終えて、練習に参加している。
そんな彼女たちが「週末も練習したい」と家にやってきて訴えるので…
朝と夕方、練習に付き合った。

ネットボール練習


6年~10年生の女の子。
同年齢の男の子達は、毎日サッカーをしている。
でも、女の子たちは、家にいるか道をうろうろ。
そんな彼女たちに何かをする機会、運動をする機会ができたのはいいこと。

毎日やって飽きないのかな…??
と思ったけれど、
他にやることもない彼女たち。
このネットボールの練習を毎日楽しみにしているよう。


現7年生は彼女らが5年生の時、3か月弱体育を教えた。
短い期間だったけれど、
体育だけでなく、英語や算数、図工も教えに行ったり、、
日本の学校へ送るムービーを一緒に撮ったり、
ここへ来てすぐに一番最初に深くかかわった学年でもある。

そんな彼女たちとネットボールを通してまた関わりができたため、
この週末は何グループかに分かれて、
入れ替わり私の家に遊びに来た。
5年生のときにとったムービーを見たり、
日本の小学校の6年生が送ってくれたムービーを見たり…
折り紙をしたり…。


ちょうど先週、日本の学校に電話したとき、
元協力隊の先生から
「自分のためのお土産はあんまり買わない方がいいよ。使わないから」
と言われた。
もし、この国にも魅力的な民族衣装や工芸品があったら、
私もけっこう買っていたのではないかな~と思うけれど、
そういうものはないので、今のところ自分へのお土産って特にない。
でも、
「お土産か~」
ふと考えてみた。そして、考え付いたのは、


首都でもゲマナフシと言えば
「いいリハークルがあるでしょ」
と言われるくらいなので、まずはリハークル(魚を煮詰めたソース)

リハークル


大きい瓶でもらっても困るので、
小さい瓶を2軒に渡してリハークルを詰めてもらった。


あとは、島で手に入ってお土産になりそうなのは、
「貝」「サンゴ」

サンゴと貝


ビーチへ6~7年生と一緒に探しに行って拾ってきた。
ベットの上に置いてみたら、南の島ムード満点。
日本に帰ってから、部屋にモルディブコーナーでも作るか。


そういえば、
日本の6年生が送ってくれたムービーを見ていて、
ここの子達が「ピースサイン」に食いついた。
だから、写真はこんな感じ。

みんなでピース

日本風にピース


ピースを合体

ピースの集合




金曜日のランチは、
島のインド人の先生たちが送別会を開いてくれた。

インド人の先生たち


手前二人の女性は英語の先生。
次の方はヘルスセンターのナース。
隣の男性はそのだんなさん。
その隣の男性はやはり英語の先生。

化学と数学の先生


こちらは、理科系の二人。
黄色い先生が数学で、
もう一人は化学。

他にもいつも一緒にバドミントンをしている男の先生3人
あと生物の女性の先生。
私も含めて12人。
最初にスピーチまで頼まれて、歌も歌ってちょっと困った…


ずらっと並ぶ南インド料理

ずらっと並ぶ南インド料理

緑の器に入っているのは、「エイ」
ナースの旦那さんがフックを使って仕留めたらしい。
ビーフみたいで美味しかった。

やっぱり美味しい


やっぱり世界の美味しい料理ランキングにインド料理が入るだけある。
インド料理は美味しい。

お皿に3杯頂き、
そのあと私が大好きなデザートパイサムもコップで2杯頂きました。



土曜日の夜は
「ディベート大会」

ディベート大会


ディベヒクラブ主催のイベントで、
テーマは
「日本語か英語か」
すべてディベヒ語での討論だったので、いまいちわからなかったけど、
結構面白かった。


これに参加したため、
相変わらず毎日開催している夜のエクササイズ講座はお休み。
こちらも、ネットボールの女の子たち同様、
毎日楽しみにやってきてくれる。
奥様たちに影響されてか、最近30代~40代後半の男性が運動する姿も見かける。
ゲマナフシ島、健康志向高まっております。


つい先週
「発展著しい最近のゲマナフシ」
という題で記事を載せましたが、
港近くに作っていた新しいお店がオープン。
そして、そこではなんと……


じゃーーーーん!!



美味しいお菓子発見!



ついに、ゲマナフシでもオレオです。
それから、この間ガッドゥで食べたチョコレートのお菓子も。


やりましたVV




«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。