2011-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都マレ生活①

首都マレに来てから、もう10日以上たってしまいました。
もう今日は12月!!

ちょっと前まで…
日本はもう秋だな~
なんて思っていましたが…

もう「冬」ですね。


モルディブは相変わらず

夏!

ですが……



前回のマレ到着編では、
首都らしいステキなパン屋を紹介しました。

今度は、
お客さんは外国人ばっかり…
というレストランの「何とかサラダ」(もう名前忘れてしまった…)

シーガルサラダ

島では、生で食べられるような野菜はなかなか手に入らず、
気候は夏だし、サラダがおいしいだろうに…
でも、サラダなんて自分の島で食べたことありません。

でも、ここは首都マレ!
こんなサラダも食べられちゃいます。
しかも、上にチーズまでのってます!

て…
日本にいたときは、こんなことにテンションあがったりしなかったけど、
今は、「サラダだーーーチーーズのってるう!」とテンションあがっちゃいます(笑)

でも、このサラダ…
下の方に「チリ(唐辛子)」が入ってて、
辛くて辛くて……
残念ながら、最後まで楽しめずでした。


おいしいもの、お酒が手に入るだけでなく、
ここにいるからこそ、経験できることもあります。




例えば…

在モルディブ インド大使 のお家へ

同期隊員と共に、おじゃました。

「ここモルディブ?!」

という豪華な家!

そして、ベランダへ通され、

大使 「飲み物は…紅茶?コーヒー?チャイ?ジュース?」

私たち 「チャイかな~~~」

大使 「あ、ビールもありますよ」

私たち 「えーーーー、ビールもあるんですか??」


大使クラスの人は、アルコールを買える許可証を持っています。

なんと、ボートに乗らずにお酒が飲めるとは!!

もちろん、私たちは全員ビールをお願いしました(笑)




それから、


大統領とスリランカの日本大使

この方、
モルディブの大統領です。

在スリランカ日本大使のモルディブ訪問に合わせて、
私たちも大統領邸でのサーボーン(お茶会)にお呼ばれしました。

23-1Familyと大統領


島の人たちは、
外国のこと…
むしろ違う島のことについて、
知ろうとしたり、
新しいことを受け入れたりするのがあまり好きではありません。
イスラム教以外のことについて、
話をすることも嫌がります。
でも、
政府の人たちは、
日本の政治について勉強していたり、
仏教は、開かれた宗教だ…って話をしたり…。


やはり国のトップの人たちは、地方島で生活している人たちとだいぶ考え方が違うな~と思いました。



それから、

インドへ帰る先生たち

自分の国、インドへ帰るうちの学校のインド人の先生たち。
ちょうど、私もマレにいたので、一緒にご飯を食べて、空港まで見送りに行きました。

1年に1回、このお休みの時だけ自分の国へ帰ることができます。
みんな、自分の旦那、息子、娘、親たちを家におき、出稼ぎのためにモルディブへ来ているので、
1年ぶりに家族に会えること、故郷へ帰れることに、興奮が抑えられない!という感じでした。

モルディブでは、人口30万のうち5万人が外国人

外国人労働者なしでは、
この国成り立たないのでは…??
と思うほど、外国人労働者が多いです。

学校を見ても、
セカンダリーでは、モルディブ人教師ではなく、
みんなインド人教師が教えています。

そんなモルディブでも、
外国人労働者の立場はとても弱いです。

職場では、自由に意見は言えません。
モルディブ人教師が来たら、すぐに他の学校へ移動させられてしまいます。

うちの学校で、こんな話もありました。

去年うちの学校にいたスリランカ人の先生。
教室で、USBメモリが机から落ちてしまったらしいです。
それを、生徒は蹴飛ばし、踏もうとしたので、
「ストップ!!」
と止めようとしたとき、体を触ってしまったらしいです。
それが、「体罰」とみなされ、
その事件の1時間後には他の島から警察が来て、
その日の夕方には、すべて荷物をまとめて、
島を出て行ったそうです。

外国人の先生たちは、
そうならないように、いつも気を付けています。
もちろん、私もそうです。

なかなか厳しい環境で普段働いている分、
この休みに、
自分の国で、家族と一緒に
思いっきりリフレッシュして、
また、モルディブへ帰ってくるインド人の先生たちです。




それから、


国レベルのスポーツ観戦ができます!!

バドミントン
バドミントン

バレーボール
バレーボール


決勝だから大盛り上がり
バレー決勝2

バレー決勝

バレー決勝3



それから、

首都にボランティア全員が集まって、
総会が開かれました。

内容は、
総会と名のつくものには必ずある…

決算報告とか、
新役員選出とか…
規約の改定とか………


帰国隊員の活動報告会もありました。
帰国報告会

関係省庁の人も呼んで、
今度の1月に帰ってしまう先輩隊員が2年間の活動報告していました。

パワーポイントを使って、
もちろん英語で。

動画や写真もたくさん入っていて、わかりやすかったです。

こうやって報告するんだな~
ということをちょっと頭に入れながら、
資料を集めつつ、活動してこーーー
という気になりました。


総会の最後は、

安全対策協議会…

モルディブらしく、海に行って溺れたときの演習でした。




昨日は、

新隊員の私たちの隊次だけ残って、

活動計画書の書き方について

調整員の方からレクチャーを受け…




今日は、

久々オフィシャル的には、なーーーーんもない日。


ということで、久々にブログ更新です。

















スポンサーサイト

4か月ぶりの上京!首都マレへ…やってきた!!

乾杯!

かんぱーーーーい!!

7個のグラスが見えますか?
同期隊員7名!4か月ぶりに集合!


1か月くらい前くらいかな…
乾杯がしたくてしょうがなかった。

今日、ついにそのやりたかったことが叶う!
そんな大事な時に限って…
ベーラヒグン、アンナニー…(下痢になった)

でも、何とか飛行機に乗り…
飛行機

マレの空港へ到着!
同期の仲間たちが、ちゃーーんと迎えに来てくれていました。

そして、バスに乗って、そのままリゾートへ。
プールサイドの席に座る…
しかし…

またトイレ…………

戻ってきたら、テーブルの上にビールが…

一番最初に任地赴任して、
一番最後に上京してきた私…
今日は、私が主役!と言ってくれた
仲間たちは、
ちゃーーんと待っててくれました。

うれしい!!

そして、かんぱーーーーーーい!

ぐいっとな★

楽しい仲間と楽しい時間★★★
いいビールでした★★★


そして、
その日はマレ隊員のお家へお泊り。

そこで、

お湯シャワー

頂きました。

お湯浴びたのは……

5か月ぶりか~~~

なんか久々に体全体がきれいになった気分♪

そして、朝食は……

じゃーーーん
パン!


こっちも、じゃーーーーん
ケーキ


いやあ、
明るい!
きれい!
おしゃれ!
手が込んでる!
都会のにおいがプンプンしてくるね!

しばらくは、
首都でちょっと贅沢しながらリフレッシュかな。






ティナドゥ陸上大会 with JOCV

11月15日~16日という日程で、

ガーフダール環礁ティナドゥ島にて、
(うちの島からフェリーで4.5時間で行ける同じ環礁の首都)

陸上大会が開催された。


その島には「陸上隊員」の方がいる。

立派な競技場もあって、
競技場
ワールドユースに出場できるような選手もいる
この島の陸上チーム。

JOCVも数名、
今までに送られているらしい。

うちの島にも、2007年?に
その当時、ティナドゥ島にいた陸上隊員が1週間だけ指導に来たことがあると聞いている。

今回の陸上大会
選手は、U-13男女、O-14男女
種目は、短距離走、長距離走、ハードル走、走り高跳び、走り幅跳び、やり投げ、砲丸投げ

私は、体育の時間には、陸上種目も指導しているものの、、
競技の「陸上」となると、ド素人。

私が行って、手伝いになるのか?という不安もありつつ、
でも、行ったら勉強になるな!という期待をもって参加した。

結果は期待通り!
いろいろと勉強になった。

例えば…

やり投げや砲丸投げなんて、テレビで見たことがあるくらいで、実際にやってみたことはなかった。
でも、今回は実際に触ってみて、自分も教えてもらって投げることができた。
しかも、ここに来ている体育隊員は、体育大を出ているような方々も多いし、何よりみんな先生!
だから、教え方がうまい!
私も来年度、自分の島でやり投げや砲丸投げを教える機会がありそうなので、ここで勉強できてよかった!
砲丸投げ


それから…

道具の使い方。
パイプを使った手づくりのハードルがあったり、
手作りハードル

ゴムの足ふきマットを切って、ラダーにしていたり、
ラダー
なるほど!!
と思える手作り体育用具を見ることができて、
また新しいアイディアゲット!


それから…

行事ごとの運営方法。
日本にいたときは、何か新しい行事をやりたい!ってとき、
完全に一人で言いだしっぺになることってなかった。
学年だったり、同じ分掌だったり、
自分が企画者であっても、実際には一人ではなく、一緒に働ける相手がいた。
でも、ここでは、同じ立場として相談できる相手がいない。
カウンターパートもいるし、けっこうなんでも話せる先生もいるけれど、
でも、立場が違う人たち。
同じ島に、あと一人でも同じ立場の人間(ボランティア)がいたら……
もっといろんなことができるのに……
そう思ってしまうけれど、それは実現しなそうなので…
やっぱり、ここでのマジョリティ、同じ立場の人間の集団、現地教員…
彼らを動かすしかない。
改めてそう思えたのも収穫の一つ。


それから…

先輩隊員と会えたこと。
ここに来ている人たちって、
自分のペースは乱さずに、でも、協調性がある人ばかり。
他の隊員の活動がとても見えにくいこの国
ちょっと話したくらいじゃ、それぞれの隊員がどんな活動してるかわからないけれど、
直観で、
みんなそれぞれのペースで、いい活動してるんだろうな~と思えてしまった。
そう思える人たちに出会えるって、幸せなことですよね。


それから…

4か月ぶりの同期隊員との再会
ひさしぶり~~~~!!!!
でも、久々感を感じたのは一瞬の出来事。
数分後にはもう普通な感じ(笑)
それは、頻繁に電話で連絡をとっていたから。
それも理由の一つ。
でも、一番の理由は、
出会ってたった半年の仲だけど、
短い時間に濃~~~い人間関係を築いてきたから。
仲間っていいね!!

最後の一つは
陸上大会に参加してよかったことシリーズからはずれてますね。


それから忘れちゃいけない!
縦1500m横500mの島から脱出できたこと!!
たーーくさんお店があって、なんでも手に入る環礁の首都に来られたこと!!!
(たくさんお店があって…いろいろ食べ過ぎて、冷たい物も食べ過ぎて、最終日はお腹こわしちゃうくらい楽しみ…)

あ、でも
これも陸上大会に参加してよかったことシリーズからはずれてますね。



とにかく、良かったです。

収穫があったから。

そして、
閉会式の子供たちの顔が、
満足げでいい顔してたから。

たーーーくさん、いろんなことを教えるのも大事。
でも、子どもたちが、こういう行事に参加して、
教わるんじゃなくて、経験によって、自分で学ぶことって大きいはず。
子どもが感じた「良かった~」が成長につながるはず。
SANY0844.jpg

そうなるといいな!!



もう、ホリデー気分★

マレボート
マレから来たボートです。

普段、違う島や首都マレで
勉強したり、働いたりしている人たちが島に戻ってきているようで、

「どこの島から来たのか?」
→モルディブの人は、島基準なので、どこの”国”ではなく、どこの”島”と聞きます。

と聞かれたり、

「ミーカーク?」
→この人、だれ?

というのが聞こえてきたり…

まあ、そこにいる誰かが代わりに答えてくれるんで、自分で答える必要はもうないんですけどね。


モルディブ人は、この島に帰ってきているのですが…


私はと言うと…


逆に、この島を離れる準備をしています。


明日の朝6時前に出る(予定)のフェリーでこの島を出て、次に戻ってくるのは1月4日!

荷造りもほぼ完了。

部屋の掃除もだいたい終了!

あとは、明日の朝、海が荒れてフェリーが来ない!

なんてことが起きないことを祈るのみ。


しばらく、任地の島を離れてた同期隊員が久々に島に戻ってきたとき、


「あ~~戻ってきた~~ ただいま~」


と思えたと言っていたけれど、私もそう思えるかな。


毎日のように歩いたビーチ
ビーチ


毎日のように眺めた夕日
夕日


毎日のように通ったお店
フィハーラ外

中身はこんな感じ。
フィハーラ
この店が、一番欲しいものが見つかる。
冷蔵庫もあって、野菜もけっこうある方だし!
店員とも一番おしゃべりできる。


休みになってからもバドミントンのために毎日行ってる学校…
バドミントン


私の家
my home
モスクの隣だし、灰色の家が多い中で、このデコレーションぶりだし、
この家を知らない人はいません!目立ちます!


私の部屋
my room
1か月半、部屋を開けている間…
虫が増えてるんだろうな~~ 
この部屋…………



今は、4か月ぶりに同期隊員に会えることにワクワク!!
4か月ぶりの首都にワクワク!!
小さい島から脱出できることにワクワク!!



さあ、
1か月半後に戻ってきたとき、

「あ~~ 戻ってきてしまった…」

と思うか、

「ただいまーーーー!」

と思えるか……


さあ、どっちでしょう。


ガーフアリフ環礁の首都「ビリンギリ」へ行ってきた★

今日は、アトール(環礁)フェリーが来る木曜日。
アトールフェリー


環礁の首都へは週に3回定期便が出ています。

船の中はこんな感じでけっこう混んでいます。
混み混みのフェリー内

貨物船ではないですが、人だけでなく、必ず物も一緒に運ばれます。
ココナッツとバナナ




もうすぐ、ホリデーでインドへ帰る先生たちが、買い物のために、
ガーフアリフ環礁の首都、ビリンギリへ行くというので、
私もこのアトールフェリーに乗って、ついていきました。


環礁の首都だけにあるもの…
その一
銀行
「銀行」です!
学校でも、月末になると、給料日に合わせて、数名の先生がここまで来ます。


その二…
各島にあるヘルスセンターではなく
「ホスピタル」です。
でも、今日は歩いている中では見つけれず。


その三…
「ポストオフィス」
ここからなら、日本にも手紙が出せます!!
でも、そのことを忘れていました…
昨日、手紙を用意しておけばよかったと後悔……


それから、学校も違います。
うちの島は10年生までしかありませんが、
首都の島では12年生まであります。

その分、教室の数も多く、2階建ての建物になっていたり、
AC付きの教室
エアコン付きの教室がたくさん!!

うちの島は、バイザールームにすらエアコンないのに…
まあ、必要ないですけどね。
正直、今日、このエアコンの数を見ても、
「電気の無駄つかい…」
と思ってしまいました。

学校では、去年までうちの学校で働いていた先生に会うことができました。

「日本から来てるボランティアで、PEとPAを教えています。」

と言うと、

「何それ?」

と言われてしまいました……。
授業内容を説明したら、すぐわかってもらえたけれど、
この国のPA、PEの認識はそんなもんか……
と思ってしまいましたね。
しかも、去年までうちの学校にいたってことは、
うちの学校もそんなもんだった…ってこと。
そういう意味では、私が今ここにいるっていう事実だけで、
PE、PAの普及につながってるってことか?!
なんて…甘えちゃいけませんね。(努力します)




さあ、ここがガーフアリフ環礁の首都、ビリンギリのメインショッピングロード。
ショッピングロード

さすが首都!
立派★★★


私の今日のメインは、一緒に来ている先生の娘(13歳)へのおみやげに、
服などを選ぶこと!

私の島では、服は売ってはいるけれど、男性用のシャツくらいで、女性用のものはほとんどありません。
みんな、自分で作るから問題ないんですけどね。

娘さんリクエストの色、デザインのジーンズを30Rf(180円)でゲットできました!

でも、その娘さんリクエストのデザインのシャツは見つけられず…。
首都マレで、私がもう一回探すことにしました。

だれかへのプレゼントを選ぶのは、すごく楽しいですね!!



あとは、インド人の先生たちは、チョコレートやらをたくさん買っていました。
これも、うちの島にはないもの。
私も買いました。
チョコ

うちの島にあるお菓子も、ビリンギリだと値段がだいぶ安くなっていました。
例えば、私が時々買う、お菓子(イリマキと言う)
うちの島だと7Rf(42円)
ビリンギリだと4Rf(24円)
でした!

それから、久々にホタ(食堂)へ
ホタ

このヘディカも一つ、1Rf(6円)
うちの島だとたしか、2Rf(12円)だったかな?
いや、もっと高かった気も…


ラマダン中に買い物に行った、ガーフダール環礁の首都「ティナドゥ」
に比べるとお店は少ないですが…

安いし、買い物にはなかなか良い島だと思います。


しかし、
「ちょっと買い物行ってくるわ」
と言って、気軽来られるところではありません。


なんせ、片道3時間のフェリーの旅ですからね。
日本で、ちょっと東京まで買いものへ…とは訳が違います。
交通費は片道20Rf(120円)で安いのですが、時間がかかる…


でも、3時間の旅、
今は、苦に感じません。
何もない島で、ぼーーーーーっと何もしないで過ごすことに慣れてきた…
それも一つ理由。

それから、ずっと海を眺めているとたまに発見がある!!
てのも、苦に感じない理由です。


例えば…
建設中のリゾート
建設中のリゾート。
リゾートのことを考えると、頭に浮かぶのは、
おいしい食事とお酒………
日本人だったら、「モルディブのリゾート」と言えば、「きれいな海!」でしょうが…
私の頭はもう食事とお酒……




それから、
トビウオの群れ!
きれいだし、跳ぶ距離にビックリ!!
スピードに追い付けず、写真は無し。




それから、それから
一番興奮するのがこの瞬間!!
イルカ
イルカを発見したときです!!
この写真、カメラのズームは使っていません。
フェリーのすぐ近くを、イルカが泳いでくれるのです。

今日は、4回群れを見たので、たくさんのイルカを見ることができました。
中には、写真のようにただ跳ぶだけでなく、
まるで、イルカショーのイルカのように、縦に回転しながら跳ぶイルカも★





まあ、片道3時間、往復6時間の旅を終え、

ゲマナフシ島に帰ってきたのは17時。

すぐに学校に行き、バンギがなる18時まで、バドミントン。

そのあと、19:30くらいまで、港でおしゃべり……

帰ってきて…

さあ、往復6時間かけて買ってきた
チョコレートをいただきます★★★

最近は、水…しかも無料の雨水しか飲んでなかったけれど、(雨水はおいしいんですけどね)
今日は、日本から送ってもらったドリップコーヒーを初めて使って、チョコレートと共にいただきました。
コーヒー


やっぱりチョコレートはおいしい★


でも、この間同期隊員が環礁の首都ではなく、
国の首都マレで買ってきてくれたチョコレートにはかなわない。
マレのチョコレート


首都でおいしいもの食べたいな~~~


でも、やっぱり
日本のケーキっておいしいよな~
鎌倉のケーキ
これ、たしか…
鎌倉の小町通りにあるパティスリー雪ノ下で食べたケーキ。
こういうケーキは、首都マレでも手に入らないな……

日本に帰ったらおいしいもの食べたいな~~~


いやいや、ないものねだりはいけませんね(笑)



最後に全然関係ないけれど、今日のイルカのベストショットで思いだしたこの写真!
SANY0692.jpg

拡大すると…
バットマン
そう、大きなコウモリですね。
日本のカラス並みに、このコウモリが島にたくさんいます。

このコウモリ…
なんと、チキンよりもおいしいらしいです★★★


と、コウモリからも、やっぱり食べ物の話★


あと一週間で首都マレへ…

何食べようかな~~~







イード・アル=アドハー(犠牲祭)

イスラム教徒にとって、一番大切な時期…

それが「ラマダン」

だから、そのラマダン明けもイード(祝祭)でした。

そして、昨日11月6日が日本語で「犠牲祭」と意訳される

イード・アル=アドハー

ラマダン明けのイードより、長く続くから、大イードとも呼ばれるらしい(by Wikipedia)


まあ、とにかくイスラム教の祝日なんです。



さて、縦1500m、横500mの何もない小さな島で、

どう祝うのか…?!

基本的にはラマダン明けと一緒。




≪祝い方①≫
おしゃれして、島内をうろうろする。

うちの家の子。
おしゃれ1


写真を撮ってほしいとリクエストしてきた2年生のいたずらっ子。
おしゃれ2


化粧までばっちり決めて、いつもとは一味違うガールズ
おしゃれ3


こちらは、ガールズではなく、もうレディですね。
9年生…つまり日本だと中3です。
写真からはわかりませんが、ブルガの巻き方がとってもおしゃれ★★★
おしゃれ4



≪祝い方②≫
いつもとは違う遊びをする(子どもではなく、大人がメインです)

夜21時を過ぎても、道端でドッチボールをする大人たち。

島内をおにごっこする子どもたち。
その様子は、まさに 「逃走中」
(そういや、去年のクラスで「逃走中」が流行って、よく遊んだっけ。)

写真は、おにごっこのような遊び。
二つのチームに分かれて、一人ずつ相手チームに近づき、だれかをタッチする。
そして、タッチされた人に捕まらないように、走って逃げる。
おにごっこ






≪祝い方③≫
ボドゥベル(太鼓)をたたく。

音楽禁止の島なので、楽器の演奏はこの島の人たちはしません。

このボドゥベルは、唯一、ここで許されている楽器です。
ボドゥベル




≪祝い方④≫
デコレーションする。

白い砂を集めて、庭に山を作ります。

それから、これは初めて見ました。
まだ若いココナッツの木。

写真とって~
と言って持ってきました。
デコレーション




≪祝い方⑤≫
ごちそうを食べる!


今回は「納め会」ではありません。

イードディナーです。


まあ、内容的には大差ないんですがね…。


私の仕事は…
ロシ作り

そう、「プリ」作りです。
プリ
この3日間で、このプリ500枚は作った気がします。

モルディブ人に、
「何を作ってるんだ?」
と聞かれながらの作業。

モルディブ人にとってはこれは「ロシ」

まあ、使ってる物は同じ

クダ(小さい)  テルリ(揚げた)   ロシ

と説明すると、納得。

手伝ってくれました。
プリ


それから、今日は、インドカレーではありません。
シェフ

パキスタン人のドクターが作るパキスタンチキンカレーです。

ここにいるインド人の先生たちは、ほとんどが南インドの人たち。
南インドでは、すべてのカレーに「カレーリーフ」を入れます。

だから、インド人ナースは「カレーリーフ」をとって持ってきました。

モルディブ(この島)では、カレーにまた違う葉っぱを入れます。

なので、モルディブ人はその葉っぱを持ってきました。

しかし、今日のシェフ、パキスタン人ドクターはどっちもいらない!と…

スパイス類、入れる野菜とかはほとんど同じ。

でも、入れるタイミングとか、カレーリーフとか、微妙に違う。

あと、パキスタンカレーには、最後にバターとナッツが入るみたいです。
あと、辛さ具合も、モルディブや南インドよりマイルド。
プリとパキスタン風チキンカレー
これまた、おいしかったです★


今日の主催者はドクター。

でも、そのドクターが携帯でヘルスセンターに呼び出されて、スタートは1時間遅れて、21時過ぎ。
島に唯一のドクターですからね。
何かあったら、彼しかいません。
しかも、今回は深刻だったらしく、
インド人ナースも呼ばれて、そのまま病院のある環礁の首都の島へ運んだみたいです。

遅くなりましたが、イードディナースタート
イードディナー




まあ、うちの島のイード・アル=アドハーの祝い方はこんな感じでした。






納め会?!続編

学校も終わってしまい、ホリデー二日目。
納め会!?続編です。



「みんなで集まって、ご飯作って食べよう!」

というこの納め会。

みんな、それぞれ担当があります。

私の担当は

「プリ」

今回はこの作り方を紹介。


≪材料≫
小麦粉(モルディブなら「フッ」または「ロシパウダー」)
塩(モルディブなら「ロヌ」)
油(モルディブなら「テヨ」)
水(モルディブなら「フェン」)

材料を書くだけで、紹介するまでもない簡単なレシピなことが想像つきますね。

でも、めげずに続いてレシピ紹介。

ちなみに分量は適当です。

小麦粉に塩少々を混ぜる。
油をたらす。

あとは、水を加えながら、とにかく練る。

それだけ。

あとは、ボールを作って、
プリボール


棒で伸ばして、
プリ伸ばし


揚げる!
プリ揚げる


完成!
プリ完成


簡単!!30分もあれば余裕です。
でも、今回は200個以上は作ったんで、1時間かかりました。
そして、汗だくに……さすがに疲れた……

でも、このプリとカレーはナイスコンビネーションです★


プリ作りが終わったので、今日のメインディッシュ作りに参戦。

「フィッシュカツレツ」

です。

カツレツというイメージより、

日本人なら

「フィッシュコロッケ」

という感じですかね。

フィッシュカツレツ

パン粉は手に入らないので、

ラスクをローストして粉々にして使いました。

揚げたあと、表面をよーーく見ると「砂糖」が見えます(笑)

フィッシュカツレツ完成


でも、問題なし!!

このフィッシュカツレツ

バラミーール(とってもおいしい!)

でした。

私たち外国人が集まっているのを聞きつけて、

モルディブ人の先生も参戦。

このフィッシュカツレツは彼らにも好評!


完成納め会パート2


今日のカレーは

男の先生たちが集まって作った「ベジタブルカレー」でした。


この納め会、

私が首都マレへ上がるまで、

インド人の先生たちがインドへ帰るまで

数日置きに続きます。


明日は、
2週間前にうちの島に来たばっかりの

パキスタン人のドクターの番です。






納め会?!


さあ、今年度のお仕事が終了しました!

日本だったら、納め会ですね。

みんなで集まって、おいしいもの食べて、飲んで…
今年度もおつかれ~~~
「かんぱーーーーい!」  ってな感じで。

でも、ここでは、この「かんぱーーーーい!」
をするためには、船で4時間+飛行機1時間……大金と半日かけないといけません。

でも、みんなで集まりたいのは同じ。
近くの同期隊員の学校では、無人島にみんなで出かけるみたいです。

うちの学校はそんな話もないので、
インド人の先生たちと集まって、一緒にご飯を作って食べることに。

9:30ころ集まって、野菜を切り…

まず、フライドライス
フライドライス


米3㎏、野菜が1㎏、合計4㎏のフライドライス!
迫力があります。



つぎに、チキン!
チキン

ここに出稼ぎに来ているインド人の先生たちは、一人を除いて、ノンベジタリアン。

ごちそうには「チキン」は外せません!!

これも、材料はすべて大量!

大量の…

ガーリック
ジンジャー
オニオン
トマト
カレーパウダー
チリパウダー
ターメリックパウダー


様々なスパイスたち

カレーリーフ
シナモン
グローブ
クミン
アニス
(その他、忘れてしまった…)


で、2:30ころだったかな…完成!!
完成



フライドライス
チキンカレー
パッパラ(薄焼きせんべい)
パヤサム(米が入ったデザート)

おいしかった~~~
でも、食べ過ぎて、お腹がパンパンに!!

1時間ほど食休みして、
ビーチへ!

暗くなるまでは、私が持ってきてるドッチビーを楽しみ。

暗くなってからは、座って、
しゃべったり、歌を歌ったり…

私も日本語の曲を歌いました。

日本なら、飲んだ後に行く

カラオケ

ってとこですかね。


半月でしたが、月明かりがあって、
20時すぎまでビーチで騒いでいました。

星空も、もちろんきれいでしたが、
今日発見したのは、
月明かりに照らされた、ココナッツの木。

ロマンチック~~~

な感じになってました。


そして、また戻ってきて夕飯の準備。

チキンカレーにポテトを入れたりして、少しマイルドな辛さに。

あと、
小麦粉
オイル

お湯

を練ったものを丸めて、平らに伸ばして、油で揚げた

プリ

それから、お昼も食べた

パヤサム

がデザートですね。






明日は、環礁の首都まで、船で買い物に行く予定でしたが、

明日も、みんなで集まってごちそう作ります★★★











年度末事務処理の後は、職員作業が待ってました。


プライズデーが中止になった、今年度最後の出勤日…

突然

職員作業日に変わりました!

花壇の周りを塗り替えるそうです。

2日の夜20:30。
学校でミーティング。

その場で6つのグループに分けられ、私は1グループに。

どうやら、一番広いスペースがあてられたみたいです。

で、出勤時間は9:00ですが、我が1グループは朝7:00集合になりました。

まず、前回塗ったペンキをヘラではがす!!
はがす


生徒も助っ人に呼ばれて、はがす。
生徒もはがす


この先生が1グループのリーダー。
5年生のディベヒ語の先生。
まず、緑をはがす


この先生に
「ベリーグッド」「べりーグッド」
「いそいでいそいで」

と言われながら、私も頑張りました。

今日は、はがして、終了。

リーダーが、お店甘い飲み物をおごってくれました。




明日の船でペンキが届くらしいので、
明日の朝また8:00に集合ということに…。

さあ、塗ります。
塗る塗る




このグループも塗ってます。
モルディブ人にとっても、この日差しはきつい!
日傘片手に、塗ります。塗ります。
塗る

そして、完成!!






疲れて、完成図の写真を撮るのを忘れてしまいました。












学校行事がことごとくキャンセルになってしまうこの学校…プライズデーは?!

今年度出勤日の最終日となるはずの10月2日。
その日は、プライズデーの予定でした。

8月に赴任して、ラマダン明けて9月から学校が本格始動してから、
いろんなイベントが計画され、そして、すべてキャンセルされてきました。

まず、スピーチコンテスト、
次にイングリッシュデー、
そして、ティーチャーズデー…
2か月で3つのイベントがキャンセルに!

「子どもが準備してたんだからやろうよ!!」
と言いたいところですが…
ここでは、そういうことを大きな声で言う権限は私にはなく…。

ただ、残念だなあ~
練習してきた子どもがかわいそう…

そう思ってきました。

そして、今年度最後の学校行事。
1か月以上前に、日にちも決めて、職員の役割分担を決めていたプライズデー。
ちなみに、私は、ステージデコレーション担当でした。

でも、前回のブログに書いたように、二日前になっても、先生たちは何やらもめている様子…

「これは、プライズデーもキャンセルになってしまうかも…」

そう思っていました。

しかし、最後のこの行事だけは違いました。
なんと、初めて

「延期」

になりました。

12日伸ばして、11月15日がプライズデー。
まあ、そうなっても、準備は当日の朝からでしょうけどね★

残念ながら、私は、この目でプライズデーが本当に開催されるか確認することができません。

15日は、体育隊員のワークショップに参加するため、違う島に行くので。

来年度は、1年を通して、この学校にいられる予定。

学校行事も一通り見られるといいのですが………。

なんでも、突然、物事が決まっていくのがモルディブ流。

毎日表情が違うここの海のように、人々は、みんな自由です★






«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。