2012-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の変わり目?

乾季の終わりが近づき、
モルディブでも一応季節の変わり目だからなのか?
最近、風がとても強いです。

ハードコンタクトを使っている私にとっては、
砂が目に入ってツライ…

そして、夕方のバドミントンでは、
シャトルが予想外の動きをするので、難しい。
前は「今日は風が強いから」と言って中止にしていたバドミントン
最近は、風が強くてもお構いなし。
風も計算に入れて、打たないといけないみたいです。
そして、ミスしたときやアウトになったとき、
「風のせいだ!」と言うと、
相手チームから「いやいやいや」と言われる(笑)
バドミントンがインドアスポーツであることを忘れそうです(笑)

風が強いときに、注意するべきは
「頭上」
ココナッツがバンバン落ちてきます。
3m以上ある枝ごとだって落ちてきます。

今朝は、モーニングセッションのアッセンブリー中に
どーーーーんと学校の木が根本で折れたそうです。
今も折れたまま放置してありますが……

早朝散歩のときに、
手では持ちきれないほど
薪になる枝やココナッツを拾えます。
それをダッタの家に運ぶのも、
一つのトレーニングですね(*^_^*)


スポンサーサイト

今週のミーティングの話

前回のミーティングは、
アッドゥからの高校生が来る話で終わっていまい、
ミッドターム休み明け、初の全体ミーティング。
なので、内容は盛りだくさん。
20:15~始まり、連絡事項を伝えるだけなのに、
21時半ころまで続いたミーティング…
いつも後半になると、どーーしても眠くなる…。
星空ミーティングだから暗いし、
夜風が気持ちいから、ついカクっと落ちてしまいそうになるのを
なんとか耐えて聞き取ったお話。
覚えておくために、ブログに書いておくことにします。

1)生徒指導について
生徒が騒ごうが何しようが、お構いなしに授業を進めている教師がいるようだ。
しかし、クラス内で起きていることの責任は、
その時間を担当している教師にある。
しっかり、生徒をコントロールするべきである。
1コマ35minだが、35min分ちゃんと授業プランを準備しているだろうか。
しっかり授業プランが立てられていれば、ほとんどの問題は解決するはずである。

2)Tuitionについて(家庭教師的なもの)
自分が担当している学年の子のTuitionはとってはいけない。
ただし、10年生は除く。
そしてTuitionをお願いされたら、断ってはいけない。
前にも注意したが、いまだに保護者から苦情がある。
もしまた苦情を聞いたら、厳しく扱う。

3)ミーティングの書記について
議事録をタイピングするお仕事をする先生募集
1枚20RF(120円)
今までは、校長先生がメモを見ながら話しておしまいだったけれど、
これからは文章でも出されるらしい。

4)テストの持ち方について
1学期間で合計100点になるように単元テストを持つこと。
単元テストが2回なら50点ずつとか、3回なら30点+30点+40点とか…

5)個人面談について
8年生から順番に10年生まで、今週は毎日20時から保護者と個人面談があるから、資料の用意をよろしく。

6)図書の時間の使い方について
週に2コマ分(70分)割り当てがあるけれど、
ちゃんと計画されているだろうか。
ただ図書室に連れて行って、本を読ませるだけになってないだろうか。

7)トイレ、水飲みの行かせ方について
1コマ目と休み時間前のコマ、休み時間後と最後のコマでは、
トイレと水飲みに行かせないように。

日本だと5分休憩をはさんで次の授業となりますが、
ここでは授業と授業の間に休み時間がないため、
トイレは授業中に先生に断ってから行くルールになっています。
35分間×4コマ
お菓子休憩10分
35分間×3コマ
まあ、130人の児童数にトイレが3つしかないから、
たとえトイレ休憩を設けても、うまく機能しないと思いますが…
授業中に申告制でトイレや水飲みに行くのは、
私にはなんとなく抵抗があります。

8)体操服の扱いについて
体操服(アクティビティーユニフォーム)は、PAとPE用
PA、PEのないセカンダリーの生徒にとっては、
補講の時と木曜日だけ来てもいい。
女の子のブルガは黒。
男の子のズボン、スキニーパンツは禁止。
(若い男の子の間で、スキニーパンツが流行っているのです。)



あと2週間で、4年生以上はテスト週間となります。
学期末。先生たちはテスト作りや、補講で忙しそうです。
私は、今学期のレッスンプランに反省を書き加え、
次学期のレッスンプラン&スキームに手を加えているところです。
12月に一度完成させてあるものの、今までにも数回作り変え…
それでも今見ると、またいろいろと変えたくなってしまい、
なかなか完成しない……。
ここには基本とするものがなく、状況も刻々と変化しているため、
私の中のアイディアも変化している訳です。
「これで行ける!」と納得がいくまで頑張ろうと思います。

独り言……

どうでもいい情報だけど、だれかと共有したい。
でも、だれかに電話するほどのことでもないし……
うーーーん。
だから、ブログに書くことにします。
独り言だと思って聞いてください(笑)



(独り言1)

今日もいつものダッタ(姉という意味だけど、血のつながりがなくてもこう呼ぶ)
と一緒に早朝ウォーキング&エクササイズ

ダッタが初日から気にしている脇腹のお肉。
毎日チェックしてるけど、多少落ちた気が…
気のせいかな??

いつもビーチからダッタの家に向かう途中で、
料理に使うための薪用の木だとか
落ちたココナッツを探しながら、拾いながら歩く。

今日は、鳥の羽を1本拾い、どうするのかと思ったら、

「耳かき」(笑)

確かに、いい感じの太さではあるけど……
予想外の使い方でした~


(独り言2)

紅茶とボディソープを買うために、
島で一番都会的な物が売っている店へ
今、行ってきた。

その店は、唯一トリートメントも売ってくれているから助かる!
この店が、トリートメントを仕入れてくれてなかったら、
数か月分マレでまとめ買いしてくるしかない。
髪も伸びてきて、シャンプーだけじゃあ、どうにもならないからね。

その都会的な品ぞろえの店では、
1か月半くらい前から「チョコレート」を売り始めた。
これも、島で唯一!

別にお腹は空いてないし、
前からイマイチ…と思っている「Tangoチョコレート」しかないし、
20ルフィア(120円)もするのに……
なぜか買ってしまった。
今週も一週間頑張るぞ!という気持ちもこめて。

tangoチョコレート

うーーん、でもやっぱりイマイチ。
後悔………
甘い物を食べたくなって、たまに?しょっちゅう?
お菓子買うけど、新しいものに手を出すとだいたい失敗。
クラッカーが一番安全だな~
でも、クラッカーは甘くないし。

あ~ジャパンクオリティーの美味しいお菓子が食べたい

マレーシアで作られているTangoチョコレート
日本でも売ってるのかな~
とふと疑問に思って調べてみた。
どうやら、ドンキや100均で安いチョコレートとして売ってるらしい。
うーーん。日本で売ってるやつは美味しいのかな~
ここのチョコレート、運搬中に溶けたりしてそうだし。


(独り言3)

今日からまた一週間が始まる。
体操服での体育二週目。
今週もクラス担任の先生たちは同じように来てくれるよね。
っとちょっと不安になってみたり……
まあ、大丈夫かな。

昨日の夜、漁師になった元カウンターパートからメールが来た。
「学校どう?」
って。
体操服が来て、夕方体育になったことを伝えると、
夕方は、前に大変だった時間だね……と。
その通りだけど、今はクラス担任の先生が来てくれているから
大丈夫だよと伝えると、
「I always remember you」
ってまあ社交辞令かもしれないけど、
そんな風に気にかけてメールを送ってきてくれるのはうれしいな~




あーーーなんかチョコレートで胃もたれしてきた……

お昼は野菜たっぷり雑炊にしよう。
(まあ、最近毎日同じメニューだけど(笑))
ジャパンクオリティーのだし醤油を使って(*^_^*)
だし醤油ってミラクル調味料☆
これだけで、かなり美味い!

先週、「マレから野菜が来る!」
と言われていた日に買い物に行き、
今、家の冷蔵庫には、
「キャベツ」「ニンジン」「玉ねぎ」「かぼちゃ」
とここの島で手に入るすべて?!というくらい食材が充実している。
野菜が手に入りにくい、ここの生活。
あるときにたくさん摂取しとかないとね~



まとまりのない独り言ブログ。
今日はこれでおしまい。





第1回サイエンスフェア

最近、毎日バトミントンを一緒にやってる先生の一人が、
夕方まで忙しそうに子どもといろいろやっていた。
「サイエンスフェア」の準備をしているとわかったのは、木曜日の夕方。
その先生に、土曜日の15:45に学校に来てねと言われたので、
行ってきた。

第1回サイエンスフェア


写真は、オープニングセレモニー?の様子。
他の学校は知らないけど、
うちの学校ではこれが記念すべき「第1回サイエンスフェア」なそうだ。
校長先生のあいさつでは、
サイエンスフェアだけでなく、今度はスクールフェアとして、
他の教科を選択している生徒たちにも発表してほしい。
ということだった。

ところで、みんなが着ているのは、今うちの島で話題の体操服。
本来、国のシラバス的には7年生まで体育があることになっているけど、
うちの学校はアフタヌーンセッションの1~5年生だけが体育を受けている。
だから、モーニングセッションの6年生以上は体育はないのだけれど、
10年生までほとんどの生徒が体操服を買ったようだ。
「木曜日だけは、体操服で来ていい」と校長先生が言ったそうで、
一昨日もセカンダリーの子達が体操服で登校してたけれど、
今日もみんな体操服。
今、島で一番ホットでおニューなファッションが体操服のようだ。

さて、サイエンスフェアの中身ですが、

まず、生物
生物1

次に、地学
日本の火山らしい
地学1

物理
物理1

生物
日本ではリトマス試験紙の代わりに
紫キャベツを使うことが多いけれど、
ここでは、この花を使うらしい。
リリーフラワーと言っていたから百合?!
化学1

そして、これはフィッシャリーサイエンス
日本にはない分野ですね。
フィッシャリーサイエンス1

フィッシャリーサイエンス2


最近は、
聞いたり、話したりするときに、いちいち日本語で考えないけれど、
こういう分野になると、
まだ日本語に訳しつつでないと理解できなかった~(>_<)

生活もちょっとだけ心機一転

6:00~の早朝体育がなくなったので、
これで、朝はゆっくり眠れる(-_-)zzz
ではなく、さらに早朝5:20~ウォーキング&ジョギングを始めました。

IMG_0774.jpg

今までは、5:00前に起きて、
朝食を作って食べ、
5:45に学校へ
というのが平日の朝のサイクルだったのですが、

今週からは、
5:00前に起きるのは同じ
でも、紅茶だけ飲んで、外へ。
太陽のまだ出てない涼しい時間に、きれいな朝焼けを眺めつつ、
ウォーキング&ジョギングを楽しんでいます。

今までは、体育の後に7:30頃から一人反省しつつ、
そして日焼けを気にしつつ、
ビーチを黙々と散歩していたのですが、
時間を替えたら、島の女性陣が散歩仲間になりました。

一人のおばちゃんは、
「エクササイズを教えてほしい!」
と言うので、
毎日5:30~6:30まで一緒にウォーキング&ジョギングしてから
彼女の家に言って、30分弱エクササイズ。
で、私はそこでサーボーン(お茶)して家に帰ってきます。
毎日何かしら果物や甘いスイーツをくれるので、それも一つの楽しみに★

今まで、毎日同じコースを黙々と散歩していましたが、
彼女と一緒だと、いろんな人の家もズカズカ入っていき、
毎日少しずつ違うコースを散歩できています。
まあ、小さな島なのでもう知らないところは正直ないですが、
この家の前は通ったことないな…
くらいの発見はあります。


それから、夕方は
今までは12:45~17:15まで学校のスタッフルームで
事務作業をしてから、一度家に帰って着替え、
バドミントンをするために学校に戻ってきていました。
軽い準備体操はするものの、長い時間椅子に座っていた後なので、
砂地のバドミントンコートでは、なかなか足も動かず、
すぐに疲れてしまっていた夕方のバドミントン。
でも今週からは、16:05~17:15に子供と体育をして、
そのままバドミントンを始められるので、
足がよく動く!
そして体がいい感じに温まってからの運動なので、あまり疲れない!
バンギがなる18:15ころまで元気にバドミントンを楽しんでいます♪


お酒もないから、暴飲暴食もなく、
他に娯楽がないから毎日運動。
相変わらず、いや今まで以上に?
健康的な生活であります。


体操服をきっかけに心機一転!

先週末、突然やってきた大どんでん返しにより、
今週から心機一転したゲマナフシスクールの体育です。

「うちの学校には体操服がないから」という理由で、
時間外の早朝に、敷地外のグランドで、ほぼ私一人でやっていた体育の授業。
その状況を替えたくて、試行錯誤してきた訳ですが、
子供たちの元に、ついに体操服が届いたことで、状況は大きく変わり、
新たな一歩を踏み出した感じです。


クラス担任の先生たちにも
「私はあくまでヘルプのために来ている」
ということが伝わったようで、授業前に
「今日から体育ね。あなたが手伝ってくれるのよね?」
と言われたり、
「今日は何をするの?私は何をしたらいいの?」
と聞かれたり…
今まで、そんなことはあり得なかったので、逆に怖い……
そして、ちょっと緊張………
でも、これは活動始まって以来(9か月)の大きな一歩なので、
こっちからも声をかけ、事前に授業案を渡し、打ち合わせをしています。
先生たちとしては、今まで空き時間だったところに、
苦手としている体育が入ってきた訳ですから、
正直嫌でたまらないはず。
実際「PEなんて最悪~」と私にも言ってくるほどです。
でも、その「嫌い!」って気持ちが少しでも軽減できるよう、
少しでも自信をもって体育の授業をしてもらえるようにするのが私の仕事。

先生たちとの関わりだけでなく、
子供とのルールも新しくしてみました。
今までは、広いグランドで場所を考える必要もなく、
早朝だったため、バラバラと子どもが集まってきたので、
特別に体育の並び方はなく、集団行動的なことも全くしていませんでした。
でも、今週からは場所もせまくなり、
子どもたちは教室から並んでグランドに出てくるので、
そんな状況に合わせた新ルールです。
同期隊員が配属先で実施しているのを教えてもらってやってみました。
下の写真が「PEフォーメーション」
学年毎に人数の差があるので、横の人数は様々ですが、
どの学年も横4列で、隣との間隔は腕1本分というのが決まり。
そして、写真は「気を付け」をしているところ。
初日の1年生、二日目の2年生は写真を撮る余裕なく終了。
今日の3年生でやっと少し余裕ができたので、パシャリ

G3


カメラを出すのに私がモタモタしているうちに、
緊張が解けてしまった子も数人いますが、なかなか美しく並べてますよね。
来週も、すぐにこの形が作れれば合格!!
どうかな~~

「津波が来るよ」と言われても……

4月11日、
インドネシア・スマトラ島のアチェ州沖で、
マグニチュード8.7の地震が発生した。

その地震に伴い、
ここモルディブでも、
「津波警報」
が出されました。

すぐに学校から放送を流し、
親が子供を迎えに来て、
学校は閉鎖。

私も家に帰るように言われました。

子供の引き取りがあっという間に済んだ様子を見ながら、
日本での3・11の大地震の際、
なかなか保護者と連絡がつかなかったり、
保護者が仕事場から戻って来られなかったりで、
大変だったことを思い出しました。


校長先生には、
「モスクが守ってくれるから、もし津波が来るようなら、モスクに逃げるように。
2004年の津波の時も、モスクが守ってくれたんだ」
そう言われました。

調整員の方も何度か電話をかけてくださり、
電話の最後には必ず
「くれぐれもお気を付けください」
と言ってくださる訳ですが……

実際問題、
何も気を付けようがないのがここの現状でした。

海抜なんて1mやそこらであろうこの島に、
高台なんてありません。
2階建ての建物だってありません。

私がしたことは、
とりあえず荷物をベットの上にあげて、
後は、部屋で静かに待つのみ。

完全に「無力」

結果的に、津波は到達せず、
昨日の夜は安心して眠ることができました。

この「安心」が続くことを願います。





担任の先生が来るより先に、子供の自治が育ちました……でもね、大どんでん返し!!!

カウンターパートが辞めてから、
クラス担任の先生に来てもらおうと、
「私だけでは子供をコントロールしきれないよ~」
ということをいろんな人に言い、
リーディングティーチャーをクラスに呼んだり、
子どもをバイザールームに連れて行ったり…
本当は、自分だけでもできてしまう程度ではあるのですが、
ちょっとパフォーマンス的にやっていました。

その結果、先週は
低学年の時間は保護者が来てくれたり、
来られなかったクラス担任の先生が謝ってくれたり、
クラスがどうだったか心配してくれたり……
そんな変化が見られた先週

今週は、子供の方に変化が現れました。
でも、今回の変化は、
クラス担任の先生に授業に来てもらうという私の目標からすると
ちょっとずれてしまうもの。
でも、子どもにとってはすばらしい成長……

何かと言うと…
タイトル通り
「子どもの自治が育ってきた」訳です。
その結果、授業がやりやすくなったため、
助けを呼ぶ必要がなくなり…
子どもが頑張っているのに、だれかを呼ぶのも気が引けて、
「一人は大変だよ~」
というパフォーマンスができなくなってしまいました。

例えば4年生。
PEリーダーなるものを作り、
その子が子どもを注意する。
もし従わない子がいたら、その子が担任の先生に報告し、
その子は、体育に参加できなくなる。
だから、みんなリーダーの言うことも聞くし、
私の指示も聞く。
という仕組み。

5年生。
クラス対抗でラケットベースをしている。
「Loser! Loser!」
と叫ぶことはなくなり、
勝ち負けにこだわりすぎてはいけない。
ということは分かったよう。
とはいえ、今だ
勝ち負けにこだわる、セーフアウトにこだわる
そして叫ぶ!!
叫ばれると、何を言っているかわからない……
私も生徒もお互い理解できない……
だから、授業の最後に
「生徒同士、仲間同士、リスペクトし合いましょう」
「そして、君たちと私も、リスペクトし合いましょう」
と話した。
言葉の壁がある私たちだから、
ゆっくり話したり、
現地語ではなく英語で話したり、
大勢で叫ぶのではなく、一人ひとり順番に話したり、
そうすることがお互いの理解になる、
リスペクトになるんだと……
そして、今週の体育。
叫ばず、ゆっくり、静かに英語で質問してくる子供たち。
落ち着いている感じ。
「先週の話がこんな大きな効果をもたらしたのか?!」
と思っていたら、
子供曰く、担任の先生に
「もし、今後も体育の時間に問題が起きるようなら、体育はすべてキャンセル!」
と言われたそうで、その効果も絶大だったよう。
子供の「体育好き!」という気持ちはすごいパワーですね。
結果、子供たちの自治力で授業は成り立ち…
これは、本来ならばとても喜ぶべきこと。
自治ができるクラスは、すばらしい!
それこそ、子どもの成長だし、クラスが目指すべき姿。
ただ……
「どうやって、クラス担任の先生に来てもらおう…」
という課題が残っている。
そして、同期隊員にも
「担任の先生たちを呼ぶ理由が薄れてしまってどうしよう…」
そんな話を今日していたら…………



ななななんと…!
大どんでん返し!!!!

その1:
ついに、うちの学校にも体操服が来た!!!!

その2:
だから、授業時間内(16:00~)に体育ができる

その3:
クラス担任のタイムテーブルにPEが入れられる!!

その4:
だからクラス担任はmust comeだし、
クラス担任の時間であり、私はヘルプの立場だと!!!


こーーんな大どんでん返しが来るとは………

今週までは、
・私服+ビーチサンダル
・学校の外のグランド
・時間外の早朝
・先生は私だけ。

来週からは、
・体操服
・学校のグランド
・授業時間内
・クラス担任の先生が来る!!


なんか一気にまともになった感じ。

さあ~どうなるかな…
前に大失敗に終わった夕方体育。
早朝より暑い!場所も狭い!
そんなマイナス面もあるし、
また新しい問題発生するだろうだけど、
とりあえず、いい方向に進んだことは間違いない。
ですよね?

よし!
次のタームから…と思っていたけど、
来週分のレッスンプランを
ティームティーチング用に作り変えて
先生たちに渡すぞーー!!

1250人の島に100人の高校生が来島

先週の火曜日、
いつもミーティングは20:15~始まるのに、
その日は19:00~だと言われたから、なんか緊急の話だろうな~と思っていると、

「明日の午後、アッドゥから113人この島に来るから、家と食事の手配をしなければならない」
(アッドゥというのはモルディブ最南端の環礁で、首都の次に発展している)

という校長先生の言葉…
113という数にびっくりして、思わず顎をしゃくりだしてしまった。
なんせ、113人って言ったら、この島の全人口の約1割にあたる…。
そして、来るのは明日だという……
またイキナリだな~~~と思いつつ、話を聞いていると……

その日の午後、保護者にお願いをして、
98人の高校生分のステイ先は確保できそうだと言う。
そういえば、昼過ぎに保護者が学校に集まってミーティングをしていた。
だから、あとは15人の先生分だけここで割り振るという話らしい。

今回の訪問の目的は、うちの環礁にある島にビジネスを学びにいくこと。
養殖や魚の加工についてらしい。
もともとは、うちの環礁の首都の学校に行くはずだったこのご一行様。
でも、突然その学校が断ってきたらしく、
急遽うちの学校にお願いすることになったらしい。

こういう臨機応変さというか、
直前でも「大丈夫」と言ってしまえるところ、
尊敬します。


そして、水曜日。
言われていたよりも少し早く、13時前にご一行様のボート到着

ボート

写真は夕方撮ったので暗いですが、
首都マレ行きのボートはいつもこのタイプだけど、
今まで見た中で一番キレイでしっかりした感じ!

夕方は、授業が1時間突然カットされ、
アッドゥハイスクール対ゲマナフシスクールのバレーボールマッチ

バレーボール

これもいきなりなのに、観客席まで用意してけっこう本格的。


木曜日は、アッドゥハイスクールのみなさん
一日お勉強。
ゲマナフシスクールからも先生が借りだされていたけれど、
授業は通常通り。

学校がお休みの金曜日。
朝からアッドゥハイスクール対ゲマナフシスクールの

フットボール対決
ネットボール対決
バドミントン対決
ドッチボール対決……

ドッチボール
写真は、ドッチボール。
モルディブのドッチボールは日本で言う「中当て」です。

と続き…

その日の夜にご一行様は帰っていきました。


人口の1割を占める人数がやってくるなんて、
大ごとだ!
と思ってしまったけれど、
ここの人たちにとっては、そうではなく
さらっとやり過ごせてしまう出来事でした。












また、カウンターパートが変わりました…?!

2週間前、

「僕、今週でこの仕事やめて、漁師になる」

と言って、突然カウンターパート(技術移転の相手)を失った私。

そういえば、それから一度も彼を島で見ていない…
他の島の漁船に乗っているのか…
やっぱり以前と同じようにリゾートで働いているのか…
仕事を探しに他の島に行ってるのか………



カウンターパートが辞めてしまってから、
英語の通じない低学年であろうと、一人で授業……
でも、各クラス担任の先生が本来は来るべきことになっているのだから、
リーディングティーチャー(管理職)に
「今日も来なかったよ!」
と言いに行く毎日………

そんなこと、毎日のように言いに行くのは嫌だけど、
でも、来ないことが当たり前になってしまっては困る。

その成果もあって?!体育に関係ない先生からも、
「今日はだれか来た?」
と聞かれたり…

そして、
水曜日の4年生、木曜日の5年生の担任の先生が、
ついに来てくれました(*^_^*)


ところが、
今週は昨日の1年生、今日の2年生も一人…

1年生の先生は、マレに行っていていないし、
2年生の先生は今まで一度も来たことない先生……


でも、、
クラス担任ではなく、また新たなカウンターパートを得たようです…私。


それは……


マンマたち(笑)


昨日の1年生、
いつもグランドの外からマンマたちは授業を見ているけれど、
途中で、
一人のマンマ(実は、校長の奥さん)が寄ってきて
子どもたちに

「いたずらやめて、先生の話を聞きなさい!」

と注意。
それから、グランドの外ではなく、中に入って、
ちょっと離れたところから見守っていてくれました。
そして、なんとか60分を切り抜け……


今日の2年生、
「始めるよーーー」
と子どもを呼ぶと、
なんと、6~7人のマンマも一緒に近づいてくるではありませんか!
きっと、私が一人でやってること、昨日の1年生の状態をきっと
知っているんでしょう。
近くで見守ってくれました。
1人のマンマは、ずっと私の横についてくれていて、
子供たちに指示!
ドッチボールには、ちょっと参加!

一人だったけど、マンマたちのおかげで
全く困ることなく、授業終了!
中身も充実!

時間外で、学校の敷地外での体育
だからこそ、他の先生のサポートは受けにくいけれど、
マンマたちは入ってきやすい環境。

この数週間で、

カウンターパート=スポーツバイザー(1人)


カウンターパート=クラス担任(7人)


カウンターパート=マンマたち(∞)?!


いやいや、
マンマはカウンターパート(技術移転)の相手には残念ながらなりえない…ですよね。


カウンターパートはあくまで、クラス担任。
次のタームからは、積極的に参加してもらうため、
今、準備中

何をしているかと言うと…
lesson plan

T1(クラス担任)とT2(ボランティア)の役割をはっきりさせた
ティームティーチング用のレッスンプラン。
次のターム(6月~11月)分、1年~5年生。

スポーツバイザーとは一週間に5回一緒に授業ができていたので、
自然と協力して、役割分担して授業ができていたけれど、
クラス担任の先生とは一週間に1回しか一緒にできないので、
そうはいかず……
このままだと、あと1年、私が授業をするだけで、任期が終わってしまう。

もちろん、私がここにいる間、子どもたちに充実した体育の授業を提供する
それが大きな目標!
でも、現地教員への技術移転という面もできるところまでやりたい。

このレッスンプランを今月中に完成させ、
来月には、ワークショップをやらせてもらい、
このレッスンプランを配って、クラス担任の役割を確認。
そして、その中から実技研修を行うことが今の目標。


その準備ができていない今、
もちろん、クラス担任の先生には来てほしいし、
来るべきなので、
リクエストし続けるけれど、
うまく役割分担できず、自分としては申し訳ないと思う部分もある。

このターム、あと1か月半は、私が主導で授業させてもらうしかない状況。
クラス担任の先生方には、
あくまで言語面、子供のコントロールという面で協力してもらい、
次のタームからは、どうにかいい形のティームティーチングにしていきたい。



話は戻りますが……
マンマたちとやるのはなかなか面白い。

それに、
マンマたちが学校に対して
「これじゃだめだ!」
ともし訴えてくれたらもうけもの!

2月末、先生たちの希望で授業時間が11:45~16:00に変更
でも、昨日から保護者の要望で、13:00~17:15にまた戻った。

それくらい、ここのマンマたちの学校に対する影響力は大!

だから、
マンマたちの訴えがあれば、
学校側がもっと積極的になってくれるはず。











インターハウス ミニフットボール大会

この週末は、インターハウスミニフットボール大会

日本風に言うと…
「4色対抗 ミニサッカー大会」
って感じかしら。

レッドハウス
グリーンハウス
イエローハウス
ブルーハウス

の4色で、ユニフォームもお揃い!
ただし、オレンジのユニフォームがグリーンハウスです(笑)

1年生~6年生の混合チーム

すごいところは、6年生と1年生が同じフィールドでプレイしているってところ。
写真中央の小さな男の子は1年生!
しかも、5年生と交代で試合に出てきた。
でも、臆することなくプレイに参加。


試合は、金曜日の6時から2試合16時から2試合
土曜日の6時から2試合あって、土曜日の16時から決勝

試合後に、必ず試合に出られなかった子中心に
出たい子が出れるミニミニフットボールゲームの時間があって、
ちびっこ中心にボールを追いかけていた。

ちびっこチーム

見事にボールに集まる子供たち。

いつもは裸足なのに、今日は靴下にサッカーシューズ。
でも、サイズが合ってない子も多く、靴が跳ぶ!
履き直そうとしてたけど、
ミニミニフットボールゲームはおまけの時間だから、
裸足でもいいらしく、裸足で参加。
それを見た他の子も
靴を脱ぎ始め……裸足率増加(笑)
やっぱり、いつものスタイルがいいのね。

応援も気合が入っていた。

さあ決勝だ!

決勝を見に行こうと、家を出ると、
赤い集団発見。

レッドハウスは、応援に一番気合が入ってる感じ。
たぶん、担当の先生の影響で。

決勝は、レッドハウスVSグリーンハウス

3対0で優勝は……

優勝はレッドハウス!

レッドハウス!!

二日間、楽しく観戦させてもらいました(*^_^*)

もうすぐ、今度はセカンダリーの子達のフットボール大会もあるらしい。
それも楽しみ♬


«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。