FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育省のご一行様来島

welcome.jpg

昼前に家に学校の人がやってきて、
13:00にジェッティに来るようにと言われた。
実は、昼寝をしていて、扉をたたく音で起きたから、
なんのことだからよくわからず、回覧板にサインした。

でも、昨日同じ環礁内の違う島で働いてるインド人の先生と電話で話していた時に、
今教育省の人が彼女の島に来てて、近いうちにゲマナフシにも来るだろう。
そう聞いていたので、たぶんそれだな!そう思ってジェッティに行った。

45分遅れくらいで、教育書ご一行様がスピードボートで到着
職員全員で、ジェッティでだれかを迎える、花束を用意する。
そんなのを見たのは初めてだったけれど、同期隊員に言ったら
「普通だよ」
と言われた。
やっぱりここはウェルカム精神の薄い島なんだな~と思った。

あくしゅ

モルディブでも握手の文化がある。
でも、女性の先生数名は、2~3歩下がって握手をしなかった。
前に、朝会でも子供たちに
「異性とは握手なしのあいさつをしましょう」
そう言ってたけど、本当なんだな~と納得。
でも、これはうちの島の文化であって、モルディブ全体ではない。

このまま学校へ向かい、ウェルカムドリンク

クルンバ

優秀な生徒たちが正装でココナッツを配る。
正装というのは、男の子のネクタイ&白パンツ
女の子の赤ネクタイ(普段は青)&ヘアバンド

で、そのままランチ。
時刻は14時すぎ
私もおなかが空いていたので、「やった~」と思いきや、
「男の先生だけ来て」
ということで、私たち女性陣は男性陣の食事が終わるのを待つことに。
「お腹すいたね~」
「男女差別だ~」
そんなことを言いながら、待った。
お腹は空いているし、手持無沙汰だったので、食器の片づけを手伝っていると、
「しなくていい」
と言われ…
ここでは、みんなで片づけるという習慣がないから、
今日のように、civil serviceの人たちの手伝いをしてると
「置いときな」
と他の先生によく言われる。
この文化は、慣れない……。

まあ、そんなこんなで、
やっと私たちのランチかな~
と思いきや、そのままミーティング(-_-)

meeting.jpg

95パーセント現地語で行われたので、よくわからなかった。
でも、この視察の目的は
「すべての先生と話をして、問題を見つけ、解決すること」
らしい。
順番にモルディブすべての島(学校)を回るらしい。
教育省からは、
「Oレベルの到達率が30%から11%に落ちたけど、原因は?」
みたいな話があったり、
学校側からは、
「マレの学校などと比べて、必要なものがない。情報も入らない!」
そんな訴えがあり、
教育省側からは、
「物質面の援助、それからワークショップの開催を通して協力する」
そんなまとめだったらしい。

ミーティングが終わったのは15:30
やっとありつけました!
ランチ(*^_^*)

lunch.jpg

ところが、お皿をもう片付けてしまったため、数枚しかなく…
ご飯が入っていた大きなボールやフタでがっつく女性陣。
私もその勢いに押されて、いそいで食べたらお腹パンパンに!
チキンカレーも、もうチキンがなかった……。
でも、お腹は十分満たされたからヨシ。

ご一行様は、隣の島へと向かったようです。
女性陣は見送りには行けず、ランチにがっついておりました(笑)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://baraabaru.blog.fc2.com/tb.php/130-93aaa508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。