FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパール最終日

ポカラ最終日

今日は、

「ネパール隊員による教育キャラバン」

を見学する予定だった。



でも、ここネパールもモルディブ同様

予定は突然変わる。


開催先から突然断られたようで、

予定は未定の状態に。


ということで、
昨日のミッションを続けることに。


題して、

「赤色のミニダブルバックを探せるかなプロジェクト(仮)」


でも、私たち…


結局探せずじまい……


ポカラ滞在の3日間。

毎日通ったWSDPのショップ。



そこで、あきらめかけた時……



ネパールの隊員がそこに登場。


そして、
このプロジェクトの落としどころは…



「赤色のミニダブルバックをオーダーメイド」



一週間かかるため、自分たちでは取りに来られない。

だから、
その隊員といつ会えるかわからないけれど、
その時に渡してもらうよう約束。


あきらめることなく、
時間はかかるけれど、
お目当ての物が手に入りそうで良かった良かった。

出来上がりを見るのが楽しみだ。


さて、
そのプロジェクトの落としどころも決まり、
ゲストハウスに戻る。


そして、
教育キャラバンに参加する隊員に連絡してみると、

会場が近くの保育園だとわかり、
そこへ向かうことに。



この教育キャラバンの目的は、

「楽しみながら学ぶ」

中学の体育の先生をしていたシニアボランティア中心に
行っている教育キャラバン

参加しているのは、

学校隊員と看護師隊員


私たちが到着したときは身体計測をしていた。


そして、
その後は外に出て折り返しリレー

教育キャラバン1

教育キャラバン2


就学前の3~4歳の子から
卒園生でミサのために保育園に来ていた
11~12歳の子まで約15人

小さい子たちはルールが飲みこめず
珍プレー続出(笑)

それでも、
大きい子が小さい子をカバーして、
なんとか折り返しリレーができていた。

「楽しみながら学ぶ」

そういう考え方がネパールではまだないらしい。


「体育=遊び」

「体育を通して学ぶ」

という考え方はまだないネパール。

モルディブは、
少しずつそういう情操教育の大切さに気づき始めている国。

そのお手伝いが私のモルディブでの仕事。


ネパール隊員は、
情操教育の普及をメインに活動している隊員はいない。
でも、情操教育の大切さも伝えたい。
そういう思いを形にするというのも、
この教育キャラバンの一つなんだろうと思う。



ネパール隊員の活動を見た後、
飛行場へ行くまで30分の猶予があった。


その30分で、まだポカラでできていなかったことをした。


それは、

「湖でボートに乗る」


ポカラの「レイクサイド」というところにステイしながら、
湖は少し眺める程度で存分に楽しめていなかった。
だから、最後の30分でボートに乗ることに。

時間もなかったし、
ドライバーも頼んで、いざ湖へ。

ボート


しばらくすると、
一人でボートに乗っている小さな男の子を発見。


そのボートが着けられている上の方を見ると、
大人の男女を発見。

ドライバー曰く、
女性の方がその男の子のお母さんで、
男性の方はお父さんではない男性。

つまり、そういうこと。


ドライバー曰く、
こういうことが日常的だとか。


悲しくなる。




湖を堪能し、
ポカラのレイクサイドを後にする。

タクシーを拾って、空港へ。



頻繁に落ちると言われている国内線

バスの事故も2回見たけれど、
バスの事故に巻き込まれるよりも、
飛行機事故の方が確率高いかも……

なんて、ネパール隊員に脅され……


そんなドキドキの国内線。


「ぎりぎりでも平気」

ネパール隊員も、ネパール人もそう言うので、
出発時刻15分前に飛行場到着。


ところが、やっぱりそこからはバッタバタ。


空港使用税を払い、
チェックインを済ませ、
ダッシュでトイレに行き、
搭乗の列に並ぶ。

そして、飛行機へ向かう。

国内線



小さい飛行機にはもう慣れているけれど、

これは初体験。



飛行機なのに、自由席。



「好きな席に座って」

と言われ、さすがに「え?」となったものの、
時間もないからさっさと座る。


そして、乗客が座り、すぐに出発。


飛行場に到着した15分後には、もう空へと旅立っておりました。


脅されていたため、
変な音がしたり、揺れたりすると、
いつもよりドキドキ。


上下運動で体が浮くような
アメリカの国内線を、
留学中に使っていたことを久々に思いだした。



しばらくすると、
そんなドキドキも忘れさせてくれる景色が見えてきた。


窓から見えるのは、


ヒマラヤ!!!

国内線から見えたヒマラヤ


残念ながら、私たちの席とは反対側に見えたヒマラヤ。


でも、反対側の窓を覗き込んで、景色を楽しんだ。




そして、あっという間
30分のフライトでカトマンズへ。



飛行機を降りるとバス。

それはいつものことだったけれど、
ここでも一つ初体験。


乗客が乗ったバスに、
乗客の荷物を載せたカゴを連結。

荷物の数が少ないからできることだけど、
合理的だな~と関心。

そういえば、
バッゲージクレームが室内ではなく
屋外だったのも、初体験。

バッゲージクレーム



カトマンズ空港から、タメル地区まではタクシー


夕方でちょうど渋滞時らしく、
思ったより時間がかかった。


地球の歩き方に乗っているゲストハウスがうまく見つからず、
歩きながら、今日の宿を探す。


時間もないし、
一つ目のゲストハウスでもう決定。


そして、ネパール最後の夜の買い物&夕飯へ。



夕飯は、

「もうネパール料理はいいかな」

という感じだったので、韓国料理店へ。


久々のキムチ!!

韓国料理1

韓国料理2



美味しかった~~~



ということで、
ネパール最後の夜も満喫して、


幸せな気持ちで就寝。



明日の朝、ネパールを離れ、スリランカへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://baraabaru.blog.fc2.com/tb.php/211-892d3a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。