2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラの洗礼

1月1日元旦

お腹の痛みで目を覚ます。


今日は早朝散歩も無理!
元旦からさわやかに散歩行きたかったけどな~

それどころじゃなく、
もう水のような下痢が止まらないーーー
お腹が痛いーーー


でも、
今日からB隊員の活動先の学校が始まる。
だから、朝から学校に行った。

学校の入り口にて。
新年のあいさつ。

新年のあいさつ



ここは寮制の私立の女子校
だから、5年生以上は女の子ばっかり。
そして、新年のあいさつを浴びながら歩く。

女子校生



寮制だから給食もある。

給食室の様子

給食のおばちゃん

食堂

給食


子供たちが食べるスピードの速さにびっくり。
絶対噛まずに飲んでるな……


新年度初日。
日本みたいに事前に子供を迎える準備はしません。

先生は遅刻。
時間通りに来た子供たちは、
どこへ行っていいのかわからず待ちぼうけ。

待ちぼうけ1

待ちぼうけ2



先生たちが来たら、
何やら相談が始まった。

どうやら教科書を配るらしい。


倉庫から教科書を運びだし、
数を数えて、
机に並べる。


その間、子供たちは……


やっぱり教室で待ちぼうけ

やっぱり待ちぼうけ



B隊員も職員の一人として、
もちろん教科書の準備。

唯一暇していた私は、
同じく暇していた子供たちと遊ぶことに。

2年生には日本の歌。
3年生と4年生には、折り紙。


最初、英語で始めて見たけど、
子供たち、
あいさつ以外の英語はほとんど知らない。

ならば!

日本語で通しました。


それでも、
どうにかなるもんですね~~


幸い、
授業していると、おなかの痛みもちょっと忘れられた。



先生たちの準備が整ったようで、

始業式的な?
校長先生のお話

始業式的な

それから、
教科書配布

教科書配布



このポーズで写真撮るところ。
モルディブと一緒だ。



学校にいる間も二度ほどトイレを借りたけど、
やっぱり家に戻ってきたら、
お腹が痛くなってトイレ。。。

変わらず、水のような下痢。


これこそ

「バングラの洗礼」

ですね~~~。



お腹が痛くて、
学校から帰ってきてからは、
B隊員のお言葉に甘えさせてもらい、
ベッドにダウン。

お昼ごはんを作っていただき…

炊き込みご飯


そして、またダウン。



でも、今日はダッカへ戻る日。

「そろそろ行かないと」

と言われて、起きてみると、
寝る前よりは少しお腹もマシになり、
「正露丸」を飲んで、バスの旅に備え、出発。



ダッカへは一人で向かう。

バスを待っていたら、
日本語で話しかけてきた人がいた。
3か月くらいダッカで日本語を習っていたらしい。

B隊員に
「この人が手伝ってくれるって」
「英語も話せるって」
そう言われて、その彼と一緒にバスに乗り込んだ。

がしかし、
やっぱり、日本語をちょっと知っているだけで、
英語はわかんないみたい。
そして、5分もしないうちに彼は下車。

まあ、いいか。

と思い、バスのコンダクターに行先を伝えた。
そこで、ちゃんと伝わったし、
きっと降りるところで教えてくれるだろう。
そう信じていた……
この時は。


バスは満席だったけど、
しばらくしてすぐに席を譲ってもらえた。
お腹が痛くて耐えつつも、
前かがみに座って、うとうと寝ながら耐えた。

座っているうちは、
まわりのおじちゃんが、
時々、
「〇○だよ」
と場所を教えてくれていた。


だんだん人が減ってきたから、
席を移動して、
2シート使って、寝転んで爆睡。


それが失敗だった。
気付けば、乗客はみーんな降りて、
誰もいない。
終点の「モハカリ」まで来てしまったみたい。

バスのコンダクターに、
降りたかったバスストップの名前を連呼

「カクリ カクリ」

がしかし、伝わらず……
最初から伝わってなかったみたい……

そこで、
そういやゲストハウスがあるのがボナニだ。
と思い、

「ボナニ ボナニ」

と訴えると、

「CNG CNG」

と返される。


私が、そのまま戸惑っていると、
バスのコンダクターが一緒に外に出てくれて、
CNGを捕まえ、行先を伝えてくれた。


そして、
仲間と合流していたT隊員に電話し、
ベンガル語でCNGのドライバーに説明してもらい、
ゲストハウスに到着。

2時間で着くはずが、
渋滞もしていたし、
間違いもあって、
倍の4時間かかって到着。


そして、
やっとトイレに行けた。

ゲストハウスに到着したのは良かった。
一安心。

でも、
バングラの洗礼は続いていた。


水のような下痢。


お腹は痛いけど、
出てばかりで、お腹は空腹。
だから、夕飯を食べていた仲間と合流。
韓国料理やさんだったけど、
おでんを注文して食べた。


正露丸が全然効かないこの下痢。

「虫じゃないの?!」

と言われ、
バングラ隊員からもらった
「蟯虫の薬?」
を飲んで、就寝。。。



バングラの洗礼を浴びた

2013年 元旦



これもいい思い出かな~
なんて思いつつ、
お腹を抱えて眠る。


明日は、
治りますように………。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://baraabaru.blog.fc2.com/tb.php/223-fc398977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。