2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行場でまた待ちぼうけ……で、工場見学

マレの学校にて、
「WAKUWAKU festival」と題して
図工&体育&音楽のコラボ企画開催のため首都へ上京。


毎度のことですが…
移動に悩まされることが本当に多いこのモルディブ。


今回も例外なくそうでした。


上京の前日。
マレでの打ち合わせに参加するため、
昼便から朝便に変更。

(これは問題なく済んだ)


8:30のフライト
7:30のチェックイン
別に30分前に着けば間に合うけれど、
海の移動は時間の計算もしにくいし、
余裕を持って朝6時にデンギーで出発。


この辺の海としては珍しく、凪の海。


早朝で、屋根がなくても日に当たらないし、
涼しくて気持ちよかった。


予定通り7時半に空港へ到着。
すると……



「朝の便はキャンセルになったよ」


「は・・・?」


「そんなの聞いてない!!時間変更したのは昨日だし、
その後も今朝も何の連絡もない!!!キャンセルしたなら連絡すべきでしょ!!」


「キャンセルが決まったのは、夜中の2時だから」

「それでも、連絡すべきでしょ!!」

「今から連絡するつもりだった」


「はあ~・・・で、次の便は??」


「10:20チェックインだよ」



そーですか。
3時間待ち。
ベンチに座って読書とパソコンしてればあっという間か。
と思ったら、


「10:20はVIPと観光客だけで、あなたの席はない」


と来た。

私が予約していた朝便の乗客がみんな次の便にシフトしたって言ったのに、
なんと、私の席はないって…?!?!


「なら、いったい私の飛行機は何時なわけ??」


「15時半のフライトなら席とれるよ」



チェックインまで7時間。
フライトまで8時間。
おいおい……それを先に言ってくれれば、家でいろんなことできたのに…



「便をキャンセルしたのは、あなたたちの都合だし、
次の便の席を私の分も確保すべき!!
少なくともその努力をすべき!!!
そもそも、もっと早く連絡すべきだったでしょ!!
私、ここに来ちゃったんだから!!」


と一通りぶつけた。
こんなにshouldという単語を使うことはめったにないな…。

そして、
彼らの答えは、

「わかった。試してみる。連絡するから電話番号教えて」

と言うので、とりあえず待つことに。


でも、
水を買うところすらないこの空港で8時間待ちは不可能……



と言うことでクッドゥ島を見学することにした。


この島はもともとは住民島だったらしいけれど、
今はお魚工場と飛行場しかない。




住民島であれば、
フラッと誰かの家で休ませてもらったり、
お店もいくらでもある。
学校見学もあり。

ただ、ここは住民島じゃない。


その辺の船に乗れば島を出られるけれど、
確実に時間まで戻って来られる確証はない。


ということは、
行く場所は一つ。

「お魚工場」


どう見てもモルディブ人じゃないのに、
リゾートの車には乗らず、
一人でテクテク歩く私は目立つ。

自然と視線は集まるので、
私に視線を向けてくれた中でも
ネクタイを締めてちゃんとした格好の人に話しかけてみた。


「飛行機キャンセルになって、暇だからこの工場を見学したいんだけど…」


と。
さすがに彼らも戸惑っていたので、

「私は日本からきたボランティアで。
普段はゲマナフシ島で学校の先生として働いていて、
今日は、これから首都に行くんだけど、飛行機がないの……」

と何者なのかを一応説明したら…
工場のボスのところに連れて行ってくれて、
無事、工場見学ができることに(*^_^*)

工場見学



この工場は立ち上げに日本人が関わっている
100%ガバメント資本のお魚工場。


カツオとマグロを漁師から買い取り、
カットして冷凍し、パック詰めしたものを
タイやヨーロッパに輸出している。

以前このブログにも登場した
マレ島から近い「ヒンマフシ」にあるお魚工場がしていることと似ている。
http://baraabaru.blog.fc2.com/blog-entry-217.html


でも、この工場はそれだけでなく、

ツナ缶
ヒキマス(カツオを煮て干したもの)
ワローマス(ヒキマスより生乾きのもの)
ヒキマスのパウダー
リハークル(カツオを煮詰めて作った調味料)

なども作っている。
これから、ペットボトルの水の販売も始めるらしい。
そうなれば、国内4つ目の飲料水工場に。

どんな味なのか…
すでにある3社の中でも自分のお気に入りはある。

でも、昨日一週間ぶりに雨水を飲んでやっぱり思った。
雨水の美味しさに勝る飲料水はないってね。
でも、日本に帰ったら手に入らないな~~~。


このお魚工場は、
立ち上げに日本人が関わっている。
だから、
日本式の方法で「鰹節」を作って日本にも輸出している。


鰹節の原形とも言われている
モルディブの「ヒキマス」

日本でお馴染みの「鰹節」

違いは、
鰹節は干すだけでなく、燻すこと。


残念ながら写真はNGだったので、
ここでお見せすることができないのですが…。
ちゃんと、燻されていました。


写真は工場見学しながら試食にもらったもの。



左が鰹節
真ん中がワローマス
そして、袋に入っているのが、

鰹節ワローマスジャーキー


「イエローフィンツナフィッシュ(キハダマグロ)のジャーキー」

日本向けに輸出しているらしい。
これが美味しくて、しかも初めて見たから、

「これ買う!!」

と言ったんだけど、
数も作ってないし、
時間がかかるらしく、
今だ手に入っておらず…。
帰国までに手に入れば、おみやげに持ち帰ります。

あ、でも、
日本に輸出してるってことは、日本でも買えるのかな…これ。




まあ、そんな感じで工場見学をし、2時間経過。


まだまだ時間はある。
でも、他に行くところはないし、
工場の人たちに相手をしてもらった。


コーヒー飲んだり、
ジュース買ってもらったり、
漁船が来たら、お魚の鮮度チェックに一緒に行ったり…

イエローフィンツナ

温度チェック

魚の温度が15度以下で保存できている漁船からだけ、
魚を買い取るルールにしているらしい。



この近くの島の漁船は、
島から漁に出て、そのままこの工場に売り来て、島に帰る。
だから冷凍する必要はない。

でも、遠くの島の漁船はそうはいかない。
だから、冷凍庫付きの船が、いろいろなところで漁船から魚を買いつつ、
この工場へやってくる。

冷凍庫付きドーニー



生のカツオは1キロ20ルフィア(100円)
冷凍カツオは1キロ22ルフィア(110円)

でこの工場では買い取っている。




そんな風にしていたら、
3時間が経過し
VIPと観光客だけと言われた便のチェックイン時間になった。


もう一度、希望を捨てずに空港まで戻ってみた。


すると、
言っていた通り、
リゾートのお客様と
政治関係の団体様。


リゾートのスタッフにも訴えて、
一緒に交渉してもらったけれど、
答えはNO。

しかも、
「あなたは、15:30の便だって行ったでしょ」
って。


いやあ~
トライするって言ったじゃない~~!!
一言くらい誤ってほしい。
でも、朝から一度もsorryの一言すらない………。


「15:30の便はコンファームだ」
と言うけれど、心配なので、
チケットを発行してもらい、
さらに4時間待ちが決定。。。


またお魚工場に戻ることに。



飛行場では水すら買えない。
当然お昼ごはんをゲットできるはずもなく……


お魚工場の従業員用食堂で頂いた。


前もこの飛行場で待ちぼうけをくらったとき、
ここでご飯を食べたから、2回目。
あのときは、飛行場のスタッフに連れてきてもらったけど。


この工場の管理的な立場の人たちは、
みんな英語がペラペラなので、

モルディブの政治のこととか…
モルディブが発展していくために…とか。
日本のアニメの話とか……(笑)


おしゃべりも楽しかったけれど…
それにしても、
その場であった人と何時間も話をするのはネタもつきる。。。


最後の1時間半くらいは、
最初に通された工場のボスの部屋で、
エアコンに癒されながら、パソコンまで借りて、だらだら……

この島は、
WIFIで、どこでも高速インターネットが使えるらしい。


やっと、3時。


無事にチェックインを終え、
ここで、やっとスタッフから
「sorry」
の一言をもらい、
飛行機へ乗り込んだ。



朝6時に島を出て、
やっとホステルに着いたのは、
夕方6時。




疲れた……。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://baraabaru.blog.fc2.com/tb.php/238-16d28e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。