2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校は新年度スタート しかし……


新1年生
初めての体育の授業

「アテンション!」

新1年



学校では新しい顔ぶれ。
でも、一人ひとり見てみると…
見たことある子がほとんど。


先生の子ども
生徒の妹、弟、、
よくお邪魔させてもらっている家の子供

そんな感じ。


狭い島です。
狭い学区です。



うちの学校では、
半年前に体操服が導入されたから知らなかったけれど、
どうやら、モルディブでは年度ごとに体操服を変えるものらしい。

ということで、
制服が間に合っていない今週は、
写真のように室内での体育。


1年生以外の学年は、
メンバーほとんど変わらずなので、
特に新しいこともなく、お互いスムーズなスタート。


でも、
新1年生は違う。
いくら顔見知りとはいえ、
英語は通じないし、何もかも初めてで、
みんなポカーーンとしちゃう。

スペースを作るために、
机、いすを移動するだけでもいちいち面白い(笑)



ちょうど教室の黒板を見ると、
英語で自己紹介の仕方を習ったところだったみたいなので、
英語で一人ずつ自己紹介してもらった。

My name is .........


1年生との体育くらいなら、
もちろん私も現地語でいけてしまうけど、
ここはあえて、英語ですべて通す。
これもお勉強です!!


しかし、英語を話す私を前に、
新1年生は、よりいっそう
「ぽかーーーーん」(笑)


担任の先生が現地語で説明してくれて、
初めて反応が返ってくる。


「私の名前、知ってる??」

と聞くと、

数名のよく知ってる子たちが、

「なおこミス!!だよ。知ってる!!」

ってちょっと自慢気に隣の子に教える。
かわいいな~。


そして、

「私はどこの国の人でしょう?」

という質問に対しては、みんなが声をそろえて大きな声で

「ゲマナフシーーー」

と元気な答えが帰って来ました(笑)


担任の先生と目を合わせて苦笑……



「一応、ジャパンです…」




そんな感じに学校は新年度がスタート!





がしかし…

私の状況はラストスパートをかけているところ。


この学校で働けるのもあと2か月弱。
各学年、授業ができるのも5~7回といったところ。
私の帰国後のことを考えて、置いていく資料作りも仕上げなければ。


それ以外に、
週末は、分科会の仕事が目白押し。


分科会の仕事は、
誰かから与えられた仕事じゃなくて、
みんなで「やろうよ」と言って始まるもの。
だから、

みんなでやったら楽しいじゃん。

そんな風に思える仕事にしたい。


ということで、
ここから2か月のラストスパートは、
自分個人としての仕事だけでなく、
仲間たちとの最後の共同作業が盛りだくさん。



自分を追い込み、仕事する。

「嫌いじゃないでしょ?」

と言われる。

「うん。たしかに嫌いじゃない(笑)
 仕事することも、こうやって追い込むことも……」


でも、
「忙しーー」
「大変ーーーー」
「疲れたーー」
「ゆっくりしたーーーい」
と言いたいときもあるーーー


ということで?
あれもこれもと欲張りすぎない程度に
これからさらに忙しく過ごしたいと思います。




新年度開始 前日

今日が週初めの日曜日。
でも、授業は今日からではなく明日から。
なぜなら、本日1月13日は祝日。
何の日かと言うと……

赤い服

緑の服


赤と緑と言えば…
モルディブの国旗の色。

そう、今日はナショナルデー。

朝5:45~アイランドオフィスでの催しに参加してきた。

ナショナルデー

ヘディカ


早朝なのに、まだ温かいヘディカもあった。
マンマたち、早起きして作ったんだな~



催しの後、
昨日約束した通り、忙しい校長先生を捕まえて、
最後2か月の私の活動計画について話させてもらった。


まあ、期待はしてなかったけど……
10月ごろ選んだスポーツバイザーは、
学校での仕事を始める前に、
リゾートに行ってしまったとか……

だから、
また新しい人を探すらしい。
出来れば、来月中に??

3月の校内ワークショップだけじゃなく、
スポーツバイザーも別にトレーニングしてほしいと言われた。

もちろん、
そんな人が来てくれたら、
毎日でも私はトレーニングします!!
と答えといたけど……
来るのかな……
期待せずに……でも希望は捨てずに待ちましょ。




その後、
昨日の3年生に引き続き、
2年生の教室掲示。
今回のリクエストは…
3年生と同じく4教科分のコーナーをシンプルな形で。
紙を貼りつけるのではなく、ペンキで書いてほしい。
ということなので…
こんな感じ

教室デコレーションG2


午後は、
今度は1年生の教室掲示の予約が入ってるから、
とりあえず、私の仕事はテープ貼りまで。
ペンキ塗りは、セカンダリーの子達にやってもらう予定。


1年生の先生のテーマは何かな~??


子供たちが、
楽しく学校に通えるような環境整備。
そのお手伝いができるのであれば、
喜んで引き受けますよ~




入学式はないけれど、
それでも、子供たちをむかえる準備はいろいろある。

時間割作ったり、
出席簿作ったり、
教室掃除したり、
机並べたり……

休みボケしてるからか

「忙しいな~」

と思ってしまった……

でも、すぐに
はっとした。

だって、日本の学校はこんなもんじゃない。


2か月半後、
2年ぶりの日本の職場復帰。


心の準備はできているつもりだけど…
大丈夫か?!私……。


まあ、2か月半後のことは置いといて、

とりあえず、明日、
モルディブの新年度が始まる。


道端で、
「この子、一年生になるんだ」
とマンマに紹介された。

明日やってくる新1年生……

どんな感じかな~~


楽しみだ♪

新年度開始 二日前

島に戻ってきて、
モルディブでの日常生活が戻ってきた。

早起きして、
散歩&ジョギングへ



熱い時間は、
部屋で過ごす。
窓全開でも室温32度。暑い!



涼しくなった夕方は、
バドミントン。
いつもサンダルだった先生も、
休み中に運動靴を買いに行ったみたい。
島では買えないからね。


島ですれ違う人に、まず聞かれる質問。
「お母さん、お父さん、妹は??」
みんな、元気にしてますよ。


子供たちは、長ーい休みに英語を忘れちゃった子達もいる。
困ったもんだ……。
まあ、私も人のこと言えない。
休み中に日本語ばっかり使ってたから、
とっさに出る言葉が「sorry」ではなく「ごめん」になってる。
バドミントン中も、とっさに出る言葉は日本語に……
早く、英語モードに戻さないと!




島に戻ってきて、
新年度の準備も進めている。

昨日は、3年生の教室掲示のお手伝い。

教室デコレーションG3


担任の先生のイメージを形にしていくのが私の役目。
テーマは「rainy day」
左側は4教科分のコーナーを作り、
右側には「バースデーカレンダー」を作りたい。
ということで、写真のようなデザインに。

色紙に私が下書きをすると、なんと…
保護者がはさみで切り取ってくれる。
教室の準備に保護者まで参加する辺りが、
なんともモルディブらしい(笑)
写真に写っているブルガの女性たちはみんなマンマたち。



新年度に向けて、自分の計画も立てた。
数えてみたら、あと体育の授業ができるのは、
多い学年で9回。少ない学年で6回。
ティナドゥ島やマーレのワークショップで
週末に出たり、入ったりする予定なので、
島で週末を過ごせるのはあと6回。


あっという間に終わりそう。
でも、先輩隊員が口をそろえて言うのが、
「この残り数か月が長い」
ということ。

とにかく、
悔いは残さないようにやりきらないと。

忙しい校長先生を捕まえて、
明日は、自分が作った計画と目標の確認をさせてもらう予定。


のんびりなモルディブ。
でも、学年始めの学校は、
やっぱりいろいろ忙しい~~

1年生 ドッチボール

先週、なんとなく理解が不十分のままで、
しかも担任の先生も説明に疲れてしまったのか、
途中でいなくなってしまった
1年生のドッチボール。

今週は、
担任の先生もコートの真ん中に立って、
ボールをさばくことまでしてくれた。
そして、最後まで声をかけ続けてくれて、
マトモなドッチボールに。

外野同士で
「はさみうち」
したり、
「ボールをとったら、すぐ投げる」
が定着したり、
「バウンスボールはアウトじゃない」
ということもわかってくれた。

1年生には、
ゲーム中に
私がいくらヤイヤイ英語で言っても
正直まったく聞いてない。

やっぱり、
母国語です!

そして、
言語の問題だけでなく、
やっぱり担任の先生が言うことは、
みんなちゃーーんと聞く。



現地語は、
島で生活する上では必要だけれど、
活動では、ほぼ使っていない。
1年生であっても、
「英語で」
と言われているので、
学校ではディベヒ語が出ないように気を付けている。
先週同期隊員にも言われた。
「ほんと、学校ではディベヒ語使わないんだね」
と。
そして、それを言い訳に?成長しないディベヒ語…。
島の人との会話は、
たいてい最後は
「うーーーん…ネーンゲ(わかんない)」
となってしまう。
それでも、笑って許してくれるやさしいダッタたちに
甘えてます。


ここ数日は、
むしろ、
英語勉強しなきゃな~
というムード。


来月、
体育分科会として
アッドゥ環礁(モルディブ最南端)で行う
ワークショップ。

その準備のための
資料作り、
原稿作り…

英語がもっと堪能ならば、
こんなに頭がぐっちゃぐちゃにならずに済むのに……

そして、
頭は疲れて、
作業は進まず……。


「よし、英語勉強するぞ!
まずは、目標設定から!
帰国後すぐのTOEICを申し込んでしまえー」

と思って、調べてみたら。
受験日は4月14日(日)
申し込みは2月18日から。
「まだだった……」

でも、
この気合が揺るがないよう、
ポストイットに書いて、
デスクトップに貼りつけた。


帰国して、
仕事が始まって、
すぐの日曜日…
TOEICなんか受けてる余裕あるのか…?!
という不安はあるけどね。




ワークショップ効果★



「やってみて、
楽しかったことは、
人に教えたくなる」


今週のクラス担任の先生たちは、
すごーーく積極的。

その理由は、
先週の金曜日に
PEワークショップで扱ったことを
子供たちに教えているから。

1-2年生 ドッチボール
3-5年生 キャッチバレーボール

クラス担任の先生たちだけでなく、
ワークショップに参加してくれていた
リーディングティーチャーも
グランドに出てきて、
子供たちにアドバイス。

わからないから
自信がないから
体育の時間がどうしても私任せになってしまうけれど、

ワークショップをした後なら、
先生たちは
すごーーく積極的になってくれる。

その原動力は、

「自信」

そして、

「やってみて、
楽しかったことは、
人に教えたくなる」

ということ。

だって、みんな先生だから。


「子どもたちにも楽しんでほしい」


その思いが、
先生たちを動かす。

準備不足で自信がないままでは、
いい授業になるはずない。

「これつまらないな」って先生が思っている授業は、
子どもにとっても当然つまらない授業になる。

先生たちに「自信」をつけ、
体育は「楽しい」と思ってもらうこと。
それが、子どもの「幸せ」につながる。


さて、
この「現地教員への技術移転」
ということ。
これは、私たちの要請にも書かれている大事な仕事


この技術移転を効率よく進めていくため、
私たちは体育分科会を形成し、
ワークショップ巡業を行っている。

その第3弾が来週予定されている。
第1弾は首都。
第2弾は北の中心地。
第3弾はモルディブの最南端。
首都の次に発展しているアッドゥ環礁。

私は、いつも初日の全体講義を担当させてもらっている。
内容は、
「体育の重要性と目的」
日本語でもそれを語ることは簡単ではない。
それが英語となれば、なかなか難しい。
でも、これも3回目となれば、慣れてきた。

今回は、これに加え
「評価の仕方」
それから
「スキームの作り方」
も担当する。

先生たちを動かす原動力

「自信」

「やってみて、
楽しかったことは、
人に教えたくなる」

私が担当する講義は、
前者の「自信」を与えることだろうか。

いかにわかりやすく伝えられるか。
そして、
「やってみよう」
と思わせることができるか。

日本の観点別評価のように、
技能だけでなく。
態度も評価しようということで、

Interest
Cooperation
Effort
Skill

という4観点を使ってみようと私たちは勧めている。
あくまで、現在のJOCVとして勧めているもので、
国として、教育省としてのものではない。
もちろん、教育省のシラバスに合わせて作った4観点ではあるけれど…。

ただ、評価をきちんとすることで、
かならず授業も変わる。
だって、休み時間状態の授業で、
きちんと評価することは不可能だから。


評価規準の作り方、
評価の手立て……

今、それを作りながら頭を悩ませている。

体育の授業の経験、知識もあまりない参加者がほとんど。
そんな彼らにとっては、なかなか高度な話。

でも大切なこと。

これらを知ることは、
体育の授業の充実につながる。

だから、きちんと伝えたい。

「これでいいのかな…?」
「わかってもらえるかな…?」

うーーん。
そして、まだスキームの方は手が付かない。

今週末でどうにか型を付けたいけれど…
どうかな~~~


«  | ホーム |  »

プロフィール

バラーバル

Author:バラーバル
モルディブ、ゲマナフシ島
(2011/07/26
     ~2013/03/20)

青年海外協力隊として、
小さな地方島の学校で、
小学生に体育を教えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動(学校) (74)
生活 (79)
任地外 (52)
任国外 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。